環境に配慮「再生し続ける服」とは 高島屋が販売開始

経済・ビジネス


環境に配慮した「再生し続ける服」を販売。

高島屋が6日から販売を始めたのは、何度でも生まれ変わることができる服。

この服は、着なくなったあとに回収。
その後、リサイクル業者が原料に戻し、新しい服に生まれ変わらせ、再び販売するという、「販売」、「回収」、「再生」を繰り返す循環型商品。

その名も「Depart de Loop(デパート・デ・ループ)」と銘打った今回のプロジェクト。

再生ポリエステルを使った秋冬物を15ブランド、およそ40アイテムで販売する。

高島屋MD本部バイヤー・橋祐介さん「環境に優しいから商品を買おう、ではなくて、カッコいいものがほしくて、結果環境によければ、購買の後押しになるんじゃないか」

また、高島屋各店では、高島屋で購入した商品に限らず、衣料品を回収するキャンペーンも実施。

ファッション業界の大量廃棄が問題になる中、環境に配慮したリサイクルの取り組みが加速している。

(FNNプライムオンライン10月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース