みずほ システム計画提出 相次ぐ障害受け金融庁に


相次ぐシステム障害を受け、みずほ銀行が、10月末までのシステムの更新に関する計画を金融庁に提出した。

10月末までに予定している計画では、システムの更新をする際、不特定多数の顧客などに重大な影響が懸念される場合は、取引が集中する月末や月初を避けるなどの措置を取るとしている。

みずほは、2021年2月以降の相次ぐシステム障害で金融庁から9月、業務改善命令を受けていて、6日がシステム更新に関する計画の1回目の提出期限だった。

年内までの計画も、10月29日までに提出する予定。

(FNNプライムオンライン10月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース