北海道“今季初”の氷点下 西日本は真夏日 “冬”と“夏”が同居


日本列島に、冬と夏が同居している。

北海道では7日朝、今シーズン全国で初めての氷点下となった一方、西日本では7日も季節外れの暑さとなる見込み。

7日朝、北海道では、上空の強い寒気と放射冷却の影響で、冷え込みが強まった。

上士幌町ぬかびらでは、最低気温が氷点下0.4度まで下がるなど、全国で今シーズン初めての冬日となった。

一方、西日本では、7日も季節外れの暑さとなる。

予想最高気温は、大分・日田市で32度と7日連続の真夏日となり、10月の記録をさらに更新する見込み。

この暑さは来週にかけても続くため、体調管理に注意が必要。

(FNNプライムオンライン10月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース