【速報】東京 埼玉で震度5強 今後1週間は注意


7日午後10時41分ごろ、埼玉県と東京都で震度5強の地震があった。

東京23区と埼玉県南部で震度5強を観測した地震について、気象庁は会見し、都市部で発生した地震のため、エレベーターの停止、コンクリートの落下などに注意を呼び掛けている。

午後10時41分ごろ、千葉県北西部を震源とする地震があった。

震源の深さは75km、地震の規模を示すマグニチュードは5.9と推定されている。

この地震による津波はなかった。

東京23区と埼玉県南部で震度5強を観測したほか、震度5弱を埼玉県北部、東京県多摩東部、千葉県北西部、神奈川県東部で観測している。

気象庁によると、震源の千葉県北西部は陸と海のプレートが複雑に重なっていて、地震活動が活発な場所という。

2005年7月にも、マグニチュード6.0の地震が発生し、東京・足立区で震度5強を観測したほか、首都圏の広い範囲で、震度5弱を観測している。

埼玉県と東京23区で震度5強以上を観測したのは、2011年3月11日の東日本大震災のマグニチュード9.0の地震以来だという。

気象庁は、揺れの強かった地域では今後1週間は、最大震度5強程度の地震に注意するよう呼びかけている。

(FNNプライムオンライン10月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース