タクシー1時間待ち…駅に長蛇の列…地震から一夜 首都圏の交通網混乱


東京23区と埼玉県南部で、震度5強を観測した地震によるけが人は、これまでに41人となっている。

首都圏では8日朝、地震の影響で電車の運行再開が遅れたり、ダイヤが大幅に乱れるなどしたため、一部の駅で入場規制が行われるなど、通勤通学の時間帯に混乱した。

女性(30代)「暑いです、きょう。飲み物も買ったけど、なくなりそう」

地震の影響で、JR東日本や私鉄各線は始発からダイヤが乱れ、通勤や通学に影響が出た。

JR京浜東北線は、遅れや一部運休により、ホームが混雑し、乗客が駅に入れなくなったため、駅への入場規制を行った。

京浜東北線の蒲田駅では、階段付近も人であふれ、ホームにもたくさんの人が並んでいた。

また西船橋駅では、京葉線の運転再開が遅れたため、タクシー乗り場に長い列ができていた。

男性(40代)「(どのくらいタクシー待っている?)1時間くらい」

JR東日本によると、8日午前11時現在で、おおむね運転を再開しているが、湘南新宿ラインが全区間で運転を見合わせているという。

また、東京メトロ東西線がJRとの直通運転を中止しているほか、千代田線と小田急線も直通運転を中止している。

(FNNプライムオンライン10月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース