一部地域で水道橋破損や冠水も…断水被害なし エレベーター閉じ込めも解消


7日夜の地震で、各地で被害が相次いでいる。

千葉・市原市では、川にかかる水道橋が破損し、およそ5時間にわたり、水が噴き出した。

一夜明けて、破損した部分の点検作業が行われている。

震度4を観測した市原市では、地震の影響で水道橋が破損し、およそ5時間にわたり、水が激しく噴き出して、あたり一面が水浸しになった。

断水などの被害はなかった。

また、震度5強を観測した川口市では、住宅のブロック塀が倒れるなどした。

東京都内では、マンホールなどから水があふれ、道路が冠水する被害が各地で相次いだ。

いずれも断水などはなく、すべて復旧しているという。

一方、国交省によると、今回の地震で停止したエレベーターに閉じ込められる事案が、1都3県であわせて28件あり、いずれも解消しているという。

(FNNプライムオンライン10月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース