海外旅行気分 韓国スーパー 調味料にラーメン 100種類以上


コロナ禍に誕生したあるスーパーが、全国各地に拡大を続けている。
人々をとりこにしている、人気の理由を取材した。

東京・新宿区大久保に到着した3トントラックの荷台には山積みの段ボールが。
よく見ると、韓国語の文字が書かれている。

実は、すべて韓国から輸入されたばかりの商品。

次々と台車に載せられて店内に運ばれ、いたるところで段ボールが積み上げられていく。

そう、ここは、2020年9月に誕生した韓国食品の専門スーパー「Yesmart(イエスマート)」。

まず韓国語を学べる本が出迎えてくれるスーパーが今...

Yesmart・張永軾社長「反響がすごいですね。めっちゃ売れています」

4人グループでやってきた女性たちは、たくさんのスナック菓子やマッコリを購入。

すでにヘビーユーザーになっているという。

実は、この場所には、もともと外国人観光客向けの免税店があった。

しかし、新型コロナウイルスで客がいなくなったため、ターゲットを日本人に変えて韓国スーパーを開店。

多い日は、1,200人もの客が訪れるほどに。
いったい何が引きつけているのだろうか。

常連客「ここは10回くらい。ここでしか売っていないものがたくさん置いてあったり。韓国に来たような気分になりますね」、「(韓国に行ったことは?)あります。1回だけしかないの。コロナの前に1回だけ。(韓国気分を)味わうために来ています」

コロナ禍で韓国旅行に行きづらい中、“韓国旅行気分を味わいたい”。

客「韓ドラとか、K-POPアイドルとかが食べているのを見て、食べたいなと」、「韓国のドラマで皆さんが食べているのを見たりすると、なんか作ってみようかなとか、食べに行きたいなとか」

“韓国ドラマに出てくる料理を食べてみたい”、そんな欲求をかなえているのが豊富な品ぞろえ。

Yesmart・張永軾社長「韓国といえば、のりですね。種類こんなにあるんですよ。この店だけで韓国のりが1カ月で1コンテナ分売れます」

韓国のりだけではない。

Yesmart・張永軾社長「韓国でよく使っている調味料はほとんどある」

ゴマ油はもちろん、粉末の唐辛子や焼き肉のタレなど、調味料は全部で100種類以上。

中でも、小ぶりのコチュジャンが売れているという。

Yesmart・張永軾社長「1人暮らしが多いじゃないですか、小さめでいいよと」

一方、売り場1列を独占しているのは、さまざまなインスタント麺にカップ麺。

ここでも100種類以上を取りそろえている。

さらに、韓国の代名詞「キムチ」は20種類以上。

Yesmart・張永軾社長「袋がパンパンじゃないですか。少し発酵されて食べごろだよということです」

パンパンに膨らんだ袋の中には、赤く染まった大きなキムチがごろっと入っている。

ほかにも、チーズボールやハットグ、甘辛いタレとからめたトッポギなど、韓国屋台でおなじみの食べ歩きメニューが冷凍食品で販売されている。

商品は、全部で2,000種類以上。

韓国で売れているものは、すべて持ってくる。
客からリクエストがあれば、すぐに輸入する。

この信念がファンをとりこにしている。

Yesmart・張永軾社長「日本どこでも韓国食材を買える、そういうふうにしたいですね」

現在は全国に9店舗。
さらに、年内には6店舗オープンする予定というイエスマートに、これからも目が離せない。

(FNNプライムオンライン10月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース