【速報】ノーベル平和賞 フィリピンとロシアのジャーナリスト2人に

国際・海外


2021年のノーベル平和賞の受賞者が発表され、フィリピンとロシアのあわせて2人のジャーナリストが選ばれた。

受賞が決まったのは、フィリピンでドゥテルテ大統領を追及してきたニュースサイト「ラップラー」のCEO(最高経営責任者)、マリア・レッサ氏と、ロシアで調査報道などで知られる独立系新聞「ノーバヤ・ガゼータ」の編集長、ドミトリー・ムラトフ氏の2人。

ノーベル委員会は、選出の理由について、「民主主義と恒久的平和の前提である表現の自由を守るための努力」を挙げている。

(FNNプライムオンライン10月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース