6日未明 東北の地震 信号柱 震度4でなぜ折れた


信号機を支える柱が折れ、ふさがれた道路。

警察官が、交通整理にあたっている。

6日に発生した、岩手県沖を震源とする地震。

現場の岩手町では、震度4を観測したが、この折れた支柱をめぐり、気になる事実が明らかになった。

それは、柱の耐用年数。

国は、こうしたコンクリート製の柱について、耐用年数の目安を42年としている。

ところが、今回折れた支柱は、製造から47年がたっていたという。

しかも、岩手県には、製造から42年を超えている信号機の支柱が、実に1,000本以上あるという。

岩手県警は、7月に行われた年1回の目視による点検では異常はなく、折れた原因を調査するとしている。

(FNNプライムオンライン10月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース