震度5強で脱線 日暮里・舎人ライナー 全車両撤去 復旧には数日かかる可能性も


7日に震度5強を観測した地震により、東京・足立区で脱線した日暮里・舎人ライナーの車両の撤去作業が行われた。

7日、地震の影響で、日暮里・舎人ライナーが、東京・足立区の舎人公園駅付近で脱線した事故では、乗客の女性3人がけがをした。

5両編成のうち、先頭から3両目までが脱線していて、線路を切り替える部分で揺れたことが原因とみられている。

自走できなくなった車両の撤去作業は8日夜から行われ、9日午前2時前までに、すべての車両が高架から撤去された。

日暮里・舎人ライナーは、設備が損傷しているため、復旧には時間がかかる見通し。

(FNNプライムオンライン10月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース