岸田首相 重症患者病院を視察 医師らと車座対話で意見交換


岸田首相は9日、新型コロナウイルスの重症患者を受け入れている東京都内の病院を視察した。

医師「(ECMOは)首と足の付け根から管を入れて、血液を体外に取り出す」

岸田首相「当然のことながら、絶えず誰かがついてなきゃいけない、24時間」

都立墨東病院を訪れた岸田首相は、人工呼吸器や人工心肺装置「ECMO」について説明を受けたあと、医師や看護師と車座対話で意見交換した。

都立墨東病院・上野真弓看護部長「自分が感染するかもしれない。絶対この患者さんの命は守る。不安とこの使命感の揺れ動く中で、職員1人ひとりがモチベーションを維持するのが大変だったと思う」

岸田首相「皆さんの声をしっかり受け止めて、形にしていかなければいけない。これを、あらためて強く感じた次第です」

岸田首相は視察後、公的病院の専用病床化を進めるとともに、最前線の医療従事者の収入について、「しっかり結果を出していかなければならない」と強調した。

(FNNプライムオンライン10月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース