原油先物価格 7年ぶり高値 国内ガソリン価格高騰続く

国際・海外


国際的な原油の先物価格が、7年ぶりの高値を記録した。

日本国内のガソリン価格などへの影響は、避けられない見通し。

原油相場の指標の1つ、ニューヨークのWTI先物価格が8日、一時、1バレル80ドル台を超えた。

80ドルを超えるのは、2014年11月以来、およそ7年ぶりとなる。

新型コロナウイルスで停滞していた経済活動が再開し、エネルギー需要が高まった一方で、主な産油国が増産を見送ったことにより、需給の逼迫(ひっぱく)が続くとの懸念が強まったことによるものとみられる。

日本国内で、すでに上昇傾向にあるガソリン価格の高騰は、しばらく続く見通し。

(FNNプライムオンライン10月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース