日常が...全国各地で“秋の気配” 「宣言」解除 2度目の週末


緊急事態宣言が解除されて、2度目の週末。

秋の気配が強まる中、日常が戻りつつある、各地の9日の様子をまとめた。

サーバーから、つがれるビール。
網の上で焼かれているのは、肉。

福岡・北九州市の門司港で、9日から、ビールを楽しむイベントが開かれている。

訪れた人からは、「うまーい!」「久々だからおいしいです」などの声が聞かれた。

会場では、対面での飲食にならないよう、座席を配置。

さらに、一度に入場できる数を100人に制限した。

堂々とお酒が飲めるイベントに訪れた人たちは...。

来場者は「こうやって、公でお酒が飲めるのは、気持ちがいい」、「最高です」などと話した。

秋田・大館市では、9日から、地元の名物が食べられる「きりたんぽまつり」が始まった。

2021年は、感染対策として、ドライブスルー方式に変更。

事前に予約をした人たちが、車の中から、きりたんぽ鍋などが入ったセットを購入していた。

利用した人「孫たちと食べます、おいしく食べます」

中止となったイベントもある。

岐阜・高山市で、9日から始まる予定だった秋の高山祭は、2年続けて、神事だけの実施となった。

遠方から来た人「残念ですよね、楽しみに毎年毎年してたんだけど」

例年、豪華な祭り屋台のひきそろえなどで、2日間でおよそ20万人が訪れる秋の高山祭。

2020年に続き、屋台蔵の扉は閉まったままで、にぎわうはずの参道も、ひっそりとしていた。

そうした中、東京・池袋のサンシャインシティでは、北海道のグルメを味わえるイベントが開かれている。

カップの上に次々と載せられるのは、いくら。
そしてウニも。

北海道産の牛肉を使った握りずし。
2種類の肉を食べ比べることができる。

さらには、カニとイクラ、ウニがふんだんに盛りつけられた弁当も。

会場は、事前登録制で、1日の来場者を6,000人以内に制限している。

来場者は「ラーメンとザンギ(鶏の唐揚げ)と、アスパラベーコンを食べた。めちゃめちゃおいしかった」、「おいしいです。ミルクでふわふわ」などと話した。

会場には、北海道のゆるキャラ「キュンちゃん」の姿も。

北海道商工会議所連合会・小野義浩さん「北海道を少しでも感じていただき、もう少し世の中が落ち着いたら、ぜひ北海道に来ていただければと」

その北海道。

紅葉の名所として知られる、札幌市の豊平峡。

紅葉が赤く染まり、見頃を迎えている。

訪れた人からは「黄色とか赤とか、そういうきれいな色」、「結構きれいでしたね。緊急事態宣言も終わって、ちょっと安心してきてます」などの声が聞かれた。

緊急事態宣言が解除されて9日、徐々に日常が戻りつつある。

(FNNプライムオンライン10月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース