「つむじ風」テント吹き飛ばす 秋晴れの運動会が一転 愛媛・松山市


愛媛・松山市の小学校で行われていた運動会で、「つむじ風」が発生し、校庭に張られていたテントなどが吹き飛ばされた。

撮影者「また来た? 前も来たやん。やばくない? やばくない?」

突然発生した高さ数メートルはある、つむじ風が、砂を巻き上げながら、子どもたちを襲う。

9日午前10時ごろ、運動会を開催中の松山市の小学校で撮影された映像。

不規則な動きを見せるつむじ風に、戸惑う大人や子どもたち。

その後、つむじ風は、勢いを増し...。

撮影者「あー!!! 何年か前も来たよね? 子ども危ない、子ども危ない!」

つむじ風は、多くの子どもたちが座っていた場所に突っ込み、テントを巻き上げた。

そして、大人たちが必死に周りのテントの柱を支える中、多くの人たちが逃げていた方へ。

1分ほどの間、運動場を混乱に包んだつむじ風だったが、ほどなくして消え、幸い子どもたちにけがはなく、運動会は無事終了した。

つむじ風は、気温が高く乾燥している日に、運動場など広い場所で発生しやすいという。

(FNNプライムオンライン10月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース