立憲・枝野代表「意志を貫けない政権」 金融所得課税めぐり批判


岸田首相が10日、金融所得課税を当面見直さない考えを示したことについて、立憲民主党の枝野代表は「意志が貫けない政権だ」と批判した。

岸田首相は、フジテレビ「日曜報道 THE PRIME」に出演した際、格差是正に向けた選択肢として総裁選で示した金融所得課税の見直しについて、「当面は触ることを考えていない」と述べた。

枝野氏は、埼玉・東松山市で記者団の取材に、金融所得課税の見直しを「多くの人が自民党が変わるかなという象徴だと思っていた」と述べた上で、「結局、自分の意志が何も貫けない、自分の意志で物が決まらない政権だ」と批判した。さらに、11日の国会での代表質問で「自民党が変わるのか変わらないのか、首相の口から具体的に説明してもらう」と、直接問いただす考えを示した。

(FNNプライムオンライン10月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース