パキスタン「核開発の父」カーン博士死去 “核の闇市場”を構築

国際・海外


パキスタンで「核開発の父」と呼ばれる科学者、カーン博士が10日朝、入院先の病院で亡くなった。
85歳だった。

カーン博士は、イスラム圏で初めて核実験を成功させ、国内では英雄視されているが、ウラン濃縮技術を北朝鮮やイランなどに流出させ、「核の闇市場」を構築したとして、晩年まで当局の監視下に置かれた。

(FNNプライムオンライン10月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース