飛行中の空自戦闘機から部品落下 重さ90kg 被害情報なし


福岡・朝倉市の上空を飛行中の自衛隊の戦闘機から、およそ90kgの部品が落下した。

統合幕僚監部によると、10日午後0時50分ごろ、朝倉市東部の上空で、航空自衛隊のF-2戦闘機からコックピットを覆う窓、「キャノピー」などが落下した。

キャノピーは、アクリルガラスなどでできていて、長さおよそ1.5メートル、重さ90kgほどだが、被害の情報はないという。

当該機は、領空侵犯のおそれに対応するため緊急発進中だったが、落下を受け、所属する築城基地に引き返した。

自衛隊は、部品を捜索するとともに、落下の原因を調べている。

(FNNプライムオンライン10月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース