岸田首相「大きな決め手になる」 新型コロナ“飲み薬” 年内実用化に意欲


岸田首相は10日、新型コロナウイルスの宿泊療養施設を視察し、治験が行われている飲み薬について、年内の実用化への意欲を示した。

岸田首相は、重症化を防ぐための飲み薬の治験が行われている、神奈川・横浜市の療養施設を訪れ、投薬のデモンストレーションなどを視察するとともに、年内の承認申請を目指す製薬会社の説明を受けた。

岸田首相「(飲み薬は)コロナ対策における、大きな決め手になる取り組みである」

視察後、岸田首相は、年内の実用化に向け、「政治としても対応を考えていきたい」と述べた。

(FNNプライムオンライン10月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース