「圧力に屈することはない」台湾・蔡英文総統 中国をけん制 防衛力を強化方針

国際・海外


台湾の蔡英文総統は、創建記念日の式典で演説し、「圧力に屈することはない」と述べ、中国をけん制した。

蔡総統は演説で、中国との緊張が高まっていることに言及したうえで、「台湾は現状維持を求めている」と述べるとともに、「一方的な変更を防ぐために最大限の努力をする」と強調。

「圧力に屈することはない」と、防衛力を強化する方針を示し、中国をけん制した。

中国は、台湾の防空識別圏に戦闘機などを相次いで進入させるなど、軍事的な威嚇を強めているほか、習近平国家主席が9日に行った演説で、台湾統一への強い意欲をあらためて示していた。

(FNNプライムオンライン10月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース