立憲・枝野氏「分配なくして成長なし」 代表質問で“所信表明”へ “最初で最後”の国会論戦


国会では、岸田首相の所信表明演説に対する代表質問が11日午後から行われ、立憲民主党は、新型コロナウイルス対策や経済政策などについて追及する構え。

国会内から、フジテレビ政治部・伊藤聖記者が中継でお伝えする。

各党の代表質問は、岸田首相の就任後、最初の国会論戦の場であると同時に、衆議院の解散・総選挙を前にした最後の国会論戦にもなるということで、激しい攻防が見込まれる。

代表質問は、岸田首相が「新しい資本主義」の実現などを強調した先週の所信表明演説を受け、衆参両院で3日間にわたり行われる。

11日は午後1時から立憲民主党の枝野代表、辻元副代表と自民党の甘利幹事長が質問に立つが、枝野代表は、岸田首相に「政府のこれまでのコロナ対策を反省していない」などと迫り、対決姿勢を鮮明にする方針。

また枝野代表は、代表質問を「自らの所信表明」と位置づけ、コロナで収入が減った事業者や生活困窮者への現金給付などを訴えるとともに、岸田首相が掲げる「成長と分配の好循環」について、「分配なくして成長なし」として対案を示し、政権担当能力をアピールしたい考え。

一方、野党側が求める一問一答式の予算委員会は、与党が開催に応じない構えで、会期末の14日に岸田首相が衆議院を解散し、戦いは総選挙へと向かう。

(FNNプライムオンライン10月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース