沖縄本島など強風域に 超大型の台風18号

社会 気象・災害


「超大型の台風18号」。
11日午前11時45分現在、沖縄本島の一部と先島諸島が強風域に入っており、12日にかけて強い風や雨に十分な注意が必要。

「超大型」の台風18号は午前11時45分現在、沖縄からおよそ500km離れたフィリピンの東の海上にあるが、強風域が大きく、沖縄本島の一部と先島諸島が強風域に入っている。

強風域に入っている石垣島では、風が音を立てて吹き、大きな白波が立っている。

また午前11時45分現在、宮古島や石垣島などに波浪警報が発表されている。

この後も宮古島や石垣島などでは、雨風の強い状態が続き、12日にかけて予想される最大瞬間風速は、先島諸島で30メートルとなっている。

強風をともなった強い雨に十分な注意が必要。

(FNNプライムオンライン10月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース