立憲・生方議員「拉致被害者もう生きている人はいない」発言を撤回 家族会などの抗議受けて

国際・海外


立憲民主党の生方幸夫衆院議員は、北朝鮮による日本人拉致被害者について「もう生きている人はいない」などと発言したとして家族会などから抗議を受け、自身のツイッターで発言を撤回、陳謝した。

生方氏は、11日の正午前に、「不適切な発言をしてしまいました。発言を撤回するとともに、拉致被害者の家族の皆様及び関係者の皆様にお詫び申し上げます」とツイッターに投稿した。

拉致被害者家族会と「救う会」の抗議声明によると、生方氏は、9月に行った国政報告会で「日本から連れ去られた拉致被害者というのはもう生きている人はいない」「生きているなら帰すではないですか。帰さない理由は全くない」などと繰り返し発言した。

これを巡り、松野官房長官は、11日午前の会見で、「発言は政府の立場とは相容れず誠に遺憾だ。政府としては全ての拉致被害者が生存しているとの前提に立ち、全ての拉致被害者の一日も早い帰国実現に向けて全力を挙げて取り組む」と述べた。

(FNNプライムオンライン10月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース