「人民の衣食住解決する」 金総書記が厳しい経済に言及

国際・海外


北朝鮮メディアが、金正恩(キム・ジョンウン)総書記の演説について報じ、厳しい経済状況もうかがわせた。

北朝鮮の11日朝の労働新聞と午後の朝鮮中央テレビは、10日、朝鮮労働党が創立76年を迎えたことに合わせ、金総書記が行った演説の様子を伝えた。

演説で金総書記は、「人民の衣食住の問題を解決する」と述べたうえで、「世界がうらやむ社会主義強国を打ち立てる」と強調し、経済計画の達成に向けて、党の引き締めを訴えた。

核・ミサイル開発や対外関係への言及はなかった。

演説では、「唯一指導体制」という言葉を繰り返し使っていて、最高指導者になって10年を迎える節目に、あらためて内部の結束を図る狙いもあるとみられる。

(FNNプライムオンライン10月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース