タイ・バンコクも「隔離なし」入国OK インドネシアはバリ島の国際便を再開 観光重視

国際・海外 旅と暮らし


東南アジアで、観光業の復活に向けた動きが出ている。

タイ政府は、新型コロナウイルス対策として設けている、外国人旅行者などの入国時の隔離措置について、免除対象とする目的地を、11月1日から首都バンコクなどにも拡大する方針。

一方、インドネシアでは、人気リゾート地のバリ島に発着する国際線の運航を、10月14日から再開する。

今回再開するのは、日本や韓国、中国など一部の国との直行便に限っていて、入国後は8日間の隔離が義務づけられる。

(FNNプライムオンライン10月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース