ENEOSが再生可能エネ大手を買収 石油依存からの転換図る

経済・ビジネス


石油元売り大手が、再生可能エネルギー発電大手を買収する。

ENEOSホールディングスは、太陽光や陸上風力、バイオマスなどの再生エネルギー電源を多数保有するジャパン・リニューアブル・エナジーを、およそ2,000億円で買収すると発表した。

2023年3月期までの中期経営計画で、再エネ関連に4,000億円投資する方針を示していて、今回の買収に、ほぼ半分を充てることになる。

ガソリンの国内需要の減少と、世界的に脱炭素の流れが強まる中、石油に依存した事業構造からの転換を図り、本格的な再生エネルギー事業の拡大に乗り出す。

(FNNプライムオンライン10月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース