WHO諮問委が3回目接種推奨 2回投与では“免疫力低下で重症化おそれ”

国際・海外


WHO(世界保健機関)の諮問委員会は、3回目の新型コロナウイルスワクチン接種、いわゆるブースター接種について、免疫力の低下した人たちへの接種を推奨すると発表した。

WHOの諮問委員会のクラビオト委員長は11日、ファイザーやモデルナ、アストラゼネカなどの新型コロナワクチンについて、中程度から重い免疫不全の人たちは、2回の投与では十分な効果が得られず、重症化するおそれがあるとしたうえで、ブースター接種が必要だと述べた。

中国のワクチン、シノバックとシノファームについては、中南米で十分な効果が得られない例が多く確認されたとして、60歳以上のすべての人に対して、3回目の接種を推奨している。

(FNNプライムオンライン10月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース