「ブレーキとアクセルを間違えた」 飯塚幸三元被告 収監を前に過失認める


東京・池袋で11人が死傷した暴走事故で、禁錮5年の実刑判決が確定した飯塚幸三元被告(90)が、12日に東京地検に出頭した。

収監されるにあたり、飯塚元被告がコメントを出し、「ブレーキとアクセルを間違えた」と、一転して過失を認めた。

旧通産省の飯塚幸三元被告(90)は、2019年に豊島区東池袋で車を暴走させて、松永真菜さん(当時31)と娘の莉子ちゃん(当時3)を死亡させ、9人にけがをさせた罪で、9月に禁錮5年の実刑判決が確定した。

飯塚元被告は収監されるにあたり、「暴走はわたしの勘違いによる過失で、ブレーキとアクセルを間違えた結果だった。わたしの過失を反省するため、刑に服してまいりたいと思っております」などとコメントを出し、一転して過失を認めた。

飯塚元被告は、12日に東京地検に出頭し、今後、いったん、東京拘置所に収監されたあと、健康状態の確認などを行ったうえで、刑務所に移送される。

(FNNプライムオンライン10月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース