「消費増税 当面ない」 岸田首相が国会答弁で


野党側は、消費税を減税するよう迫った。

共産党・志位委員長「消費税は、5%に減税することを強く求めます」

岸田首相「消費税については、社会保障の財源として位置づけられており、当面、消費税について触れることは考えておりません」

国会では、岸田首相の所信表明演説に対する各党の代表質問が行われ、共産党の志位委員長が、「消費税率を5%」に引き下げるよう求めたのに対し、岸田首相は、当面、現在の10%を維持する考えを示した。

(FNNプライムオンライン10月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース