トラック荷台から次々運び出し 250万円被害 家電窃盗の瞬間


窃盗犯の姿をとらえたのは、埼玉県内にある運送会社の駐車場に設置された防犯カメラ。

2人の不審な人物が現れる。

2人は、止まっていたトラックの荷台に近づいてくる。

その時、出入り口付近の防犯カメラが、駐車場に侵入する1台のトラックをとらえた。

トラックが止まった次の瞬間、不審な人物が2人がかりで、大きな箱を運び出した。

この箱の中には、新品の洗濯機が入っていた。

これは、家電泥棒の瞬間。

テレビや冷蔵庫などの高価な家電を、次々とトラックに運び、現場から逃走。

1時間半の犯行だった。

「イット!」取材班が現場を訪れると、防犯対策をかいくぐる手口が見えてきた。

被害に遭った運送会社「こんな状態です。この隙間から、冷蔵庫・エアコン・ドラム式洗濯機などを取っていったので。根こそぎ持って行かれました」

事件当時、防犯対策としてトラックは、後方の柵ギリギリに駐車していた。

しかし犯人は、荷台を開ける装置を壊し、こじ開けて、わずかな隙間から家電を持ち出したという。

当時、駐車場には、20台ほどの車が止まっていたが、そのうち、9台のトラックが荒らされていたという。

盗まれた家電などの被害総額は、250万円に及ぶという。

被害に遭った運送会社「お客さんの預かっている大きな荷物を取られ、あまりにも勝手卑劣な犯罪。そこに対して許せない。弁償してもらいたいし、二度とこういうことをやってほしくない。罪を受けてもらいたいと、強く願います」

警察は被害届を受理し捜査している。

(FNNプライムオンライン10月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース