兵器を集めた展覧会 金正恩総書記が演説 北朝鮮が映像公開

国際・海外


北朝鮮メディアは、11日に開幕した兵器の展覧会で、新型兵器を前に演説する金正恩(キム・ジョンウン)総書記の映像を公開した。

朝鮮中央テレビは、午後8時からの放送で、新型兵器などを展示する「国防発展展覧会」の映像を公開した。

映像には、ICBM(大陸間弾道ミサイル)やSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)が登場したほか、9月に北朝鮮が相次いで発射した巡航ミサイルや弾道ミサイルとみられる兵器が展示されていた。

オレンジ色の先端をもつ極超音速ミサイルとみられるものも確認できる。

展覧会の開幕にあたり、金正恩総書記は演説を行い、アメリカについて「敵対的でないと信じられる行動的根拠はひとつもない」とけん制した。

その一方で、「主な敵は戦争であって、韓国やアメリカなどの特定の国家ではない」と述べ、揺さぶりをかける狙いがあるものとみられる。

(FNNプライムオンライン10月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース