千曲川の堤防決壊から2年 関連死含め17人犠牲に 359世帯が今も避難生活


2019年の台風19号で、長野市の千曲川の堤防が決壊してから、13日で2年。

地域は、犠牲者を追悼し、復興への誓いを新たにする1日を迎えている。

2年前の10月13日、長野市の千曲川の堤防が決壊。

市内で、およそ4,000棟の住宅に被害が出て、災害関連死を含め17人が犠牲となった。

この堤防決壊では、長野新幹線車両センターも浸水し、北陸新幹線10編成120両が廃車となる被害も出た。

あれから2年。
堤防は強化されたが、濁流が流れ込んだ地域は、さら地も目立っている。

市内では今も、359世帯が仮設住宅などで避難生活を送っている。

住民は、「気持ちが整理できない。いくら家が再建しても」と話した。

犠牲者を追悼し、復興への思いを新たにする1日となっている。

(FNNプライムオンライン10月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース