NYフェスティバルで銅賞 フジ「ザ・ノンフィクション」作品

国際・海外


フジテレビで放送された、動物病院の院長と愛犬の最期の時間を追い続けたドキュメンタリー番組が、「ニューヨーク・フェスティバル」で銅賞を獲得した。

「ニューヨーク・フェスティバル」は、映像作品を表彰する国際的なコンクールで、フジテレビのドキュメンタリー番組「ザ・ノンフィクション花子と先生の18年~人生を変えた犬~」が、ドキュメンタリー・人物/伝記部門で、銅賞を獲得した。

この番組は、動物病院の院長を務める太田快作さんと愛犬・花子の最期の時間を追い続けた作品で、「ザ・ノンフィクション」の番組としては、3年連続の受賞となった。

(FNNプライムオンライン10月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース