ワクチン“未接種”選手試合出場させず アメリカ・プロバスケチーム

国際・海外


ニューヨークにあるNBA(アメリカプロバスケットボール)のチームが、新型コロナのワクチンを接種していないとみられる選手について、試合に参加させないと発表した。

現地メディアによると、ブルックリン・ネッツに所属しているカイリー・アービング選手は、新型コロナのワクチンを接種したかどうか明らかにせず、チームは12日、「試合や練習に参加させない」と発表した。

チームがあるニューヨーク市では、屋内のスポーツ施設などに入る際、ワクチン接種証明の提示を義務づけていて、観客だけでなく、選手も提示する必要がある。

(FNNプライムオンライン10月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース