遺体には複数の刺し傷、失血死か 山梨“夫婦”死亡放火事件


山梨・甲府市の住宅が放火され、夫婦とみられる2人の遺体が見つかった事件で、2人の死因が、刃物のようなもので刺されたことによる失血死だったことが新たにわかった。

逮捕された19歳の少年は、12日未明、甲府市の井上盛司さんの自宅で、井上さんの娘2人のうち、10代の妹の頭を殴り、けがをさせた疑いが持たれている。

井上さんの自宅は、この直後に出火し、焼け跡から、井上さん夫婦とみられる2人の遺体が見つかった。

司法解剖の結果、2人の遺体には、複数の刺し傷があり、死因は、刃物のようなもので刺されたことによる失血死だったことが新たにわかった。

少年は、10代の姉と同じ高校に通っていて面識があり、警察は、犯行の動機を調べるとともに、殺人の疑いでも調べを進めている。

(FNNプライムオンライン10月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース