“昭和初期”を再現した弁当を宮崎のスーパーが発売…担当者「あまり売れない予感しかありません」

地域 旅と暮らし

昭和時代の初期の食事を再現した弁当が、ネットで密かな注目を集めている。

容器には九州産の白米が敷き詰められ、その上にはおかずとして、国産の真イワシ、宮崎県産の大根を使ったたくあん、福岡県産の梅で作った梅干し、昆布の佃煮が乗っている。

この弁当の名前は「昭和初期」。価格は215円(税込)で、宮崎県のスーパーマーケット「ナガノヤ」「ウメコウジ」の計10店舗で、10月1日から発売しているという。

ナガノヤ・ウメコウジの公式Twitterで販売が告知されると、食材のシンプルさとネーミングセンスが話題に。「こーいうの結構美味いんよなぁ」などの反応が寄せられた。

まさにシンプル・イズ・ベストといった印象だが、どうしてこの弁当を開発したのだろうか?

ナガノヤ・ウメコウジを運営する、株式会社永野(宮崎市)の担当者に聞いてみた。

実は売れなかった弁当のリメイク作品

――「昭和初期」の発売経緯を教えて。

実は以前に似たようなものとして「昔懐かし弁当」「昭和初期弁当」を販売していました。昔懐かし弁当→昭和初期弁当の順番です。昭和初期弁当は全く売れなかったので、すぐに販売中止になりました。昭和初期はこれらをリメイクしたものです。

2019年に発売した「昭和初期弁当」
2019年に発売した「昭和初期弁当」

――中身は違うようだが、どうして売れなかった弁当をリメイクした?

以前の弁当には卵焼き、魚肉ソーセージ、干物や梅干しなどが入っていました。ですので、昭和初期は具材が減っていますね。2019年に昭和初期弁当を発売したとき「魚肉ソーセージは昭和初期にないのでは」という指摘があったので、昭和初期により近づけてみました。


――昭和初期はどんなイメージで開発した?

昭和初期のお弁当に入ってそうなおかずをイメージして盛り付けておりますが、完全再現というわけではございません。


――開発でこだわったところや工夫したところは?

できるだけ国産の食材を使い、添加物を減らすようにしました。

注目を集めたとしても、あまり売れない予感しかありません

――昭和初期の弁当としての魅力を教えて。

ダイエット中の方、油物を控えたい方には魅力的かもしれません。日本人に生まれて良かったと思えるようなお弁当だと思います。


――どんな人が購入している?

年齢に関係なく、幅広いお客様が購入されている印象です。ダイエット中の方も購入しているかもしれません。


――昭和初期の販売数は?他の弁当との反応に違いはある?

1日全10店舗で200パック限定で販売しています。反応に違いはありません。


――店舗では他にどんな弁当は販売している?お気に入りはある?

天孫降臨マジ卍弁当、タンクトップで皆勤賞、牛サガリ女学園、かんにん弁当、カセットの基板フーフー豆腐、グーはヤメレ、ニシメックス3、爆音イナリーランドなど、120品以上もあるので選びきれません。

ユニークなネーミングセンスのお弁当ばかり
ユニークなネーミングセンスのお弁当ばかり

――昭和初期が注目を集めたが受け止めは?

注目を集めたとしても、あまり売れない予感しかありません。売れるのであれば頑張って作りたいと思います。
 

販売予定の「昭和初期2」
販売予定の「昭和初期2」

なお、ナガノヤ・ウメコウジのTwitterによると、白米をもち麦玄米ごはんにするなど、マイナーチェンジした「昭和初期2」も販売予定だという。

売れ行きが良くなかった「昭和初期弁当」のリベンジのために開発された、「昭和初期」シリーズ。ネットで注目を集めたが予感は当たってしまうのか。他の弁当を含め、今後に注目したい。

(画像:ナガノヤ・ウメコウジの公式アカウントより)

(FNNプライムオンライン10月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース