ごはんバーガー戦国時代…マクドナルド・ロッテリア・モスバーガー おいしさの秘密とこだわりを徹底調査

話題・トレンド 旅と暮らし

いま夜でも満足できると注目されている「ごはんバーガー」。今回の「スゴ撮」は、大手ハンバーガーチェーン3社のこだわりの味と人気の秘密を調査した。


夕方5時から販売するごはんバーガー

女性A:
ごはんバーガーを食べてきました

女性B:
腹持ちがすごくいいので、しっかり食事をとったなという感覚があります


いまお米を使った「ごはんバーガー」が大人気である。


マクドナルドが9月29日、夕方5時からの客をターゲットに新ごはんバーガーを発売。


さらに、ロッテリアも10月7日に初参入し、


以前から販売していたモスバーガーなど大手ハンバーガーチェーンは今「ごはんバーガー戦国時代」に突入している。


ロッテリア マーケティング部部長・緒方高行さん:
感染対策で落ち込んでいる夜時間帯を回復すべく、起爆剤としてごはんバーガーに期待しています


まず、マクドナルドの「ごはんバーガー」。

女性C:
ドカンとしててボリューミーでびっくりです

女性D:
すごい具がデカイなと思いました


新メニューは、具のインパクトが一番の特徴。早速、開けた瞬間にわかる見た目のインパクトをスゴ撮する。

包みを開くと目立つのは、真ん中にあるチキンカツ。ごはんのバンズから大きくはみ出してしまっている。


インパクトはボリュームだけでなく、粒がはっきり見える黒胡椒を使ったソースはニンニクの風味もきいておりパンチのある味になっている。


その名も「ごはんチキン にんにく黒胡椒」410円(夕方5時以降の販売)。


実際に食べてみると…。

渡邊渚アナウンサー:
とっても食べ応えがあります。味のパンチも強いのでこれ1個でお腹が満足しそうです


さらに、もう一つの新商品「ごはん海老 旨辛仕立て」440円(夕方5時以降の販売)にもビッグサイズのエビカツが入っている。


赤唐辛子とハラペーニョの辛さがガツンとくるソースで、エビカツの甘味を引き立てている。


日本マクドナルド コミュニケーション&CR本部 広報部マネージャー・當山心さん:
マクドナルドのごはんバーガーは、夜ごはんとしてご満足いただけるように、ボリュームと味のインパクトにこだわっています


ロッテリア初 人気商品をごはんバーガーに

続いて、10月7日に新発売したロッテリア初となる、ごはんバーガー。

女性E:
いつもは普通のハンバーガーばかり食べていて、ごはんのバーガー初めて食べたのですごく食べやすくておいしかった


不動の売り上げNo.1の「絶品チーズバーガー」と、No.2の「エビバーガー」、2つの人気ハンバーガーをごはんバーガーにしたそうだ。


ロッテリア マーケティング部 部長・緒方高行さん:
ただ単にパンをごはんにかえただけではないんです。和風ごはんバーガーに仕上げています


「和風」とは一体どういうことなのだろうか?包みをあけてスゴ撮する。

包みを開けると、のりで包まれている。
ごはんのお供、焼きのりをチーズハンバーグを挟んだごはんにサンドすることで和風にしている。


さらに、マスタードと特製のてりやきソースをかけることでバランスある仕上がりになっている。


作り方は、まず焼きノリ・ごはんの上にマスタードと特製のてりやきソース。そこにチーズハンバーグをのせマヨネーズも加え、ごはんとノリをのせれば、奥深い味わいに。

12月下旬まで販売予定「絶品チーズ ごはんバーガー」510円(イートイン価格)。


渡邊渚アナウンサー:
ノリの香りとチーズハンバーグがこんなに合うんだなと、初めての組み合わせです


さらに、人気No.2のエビバーガーをごはんにした「エビ ごはんバーガー」510円(イートイン価格)にも、焼きノリと、特製てりやきソースがかかっている。


プリプリのエビカツと店内で手混ぜして仕上げるタルタルソースが決め手のエビバーガーを、和風に変身させている。


お店でさっと焼く焼肉ごはんバーガー

モスバーガーのごはんバーガーは…。

第一商品開発グループリーダー・永野志津夫さん:
販売当初よりライスバーガー専用の具材を挟んでます。パンでは味わえませんので、そこが一番の強み


現在は2品をラインアップしており、まずはその一つ、「モスバーガー海鮮かきあげ(塩だれ)」370円をスゴ撮する。

ゆっくりと見えてきたのは海鮮かきあげ。大きさはごはんのサイズにぴたりと合っています。


海鮮かきあげとごはんバンズの大きさを同じにすることで、口にほおばったときの一体感を生んでいると言う。
具は、エビやイカといった海の幸に、人参や枝豆など彩り豊かな野菜も目立つ。


ごま油風味の塩だれは、食材の旨味を引き立てるだけでなく、ごはんとの相性もバッチリだ。


渡邊渚アナウンサー:
エビはプリプリ、イカはコリコリしていて食感が楽しめます。ゴージャスな天むすを食べているみたい


次のモスバーガー人気ごはんバーガーは、グリーンリーフでくるまれた、たっぷりの「モスライスバーガー焼肉」420円。

タレがたっぷり絡んでいるが、実はここに調理のこだわりがある。


甘辛の和風醤油ソースの香ばしさを引き立てるため、お店でさっと焼いているのだ。


このひと手間で、ごはんとの相性をより一層高めている。


夜はごはんという方にもぴったりのごはんバーガー、この機会に食べ比べてみてはいかがだろうか。


(「めざましテレビ」10月18日放送より)

(FNNプライムオンライン10月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース