米「アテア」社開発中の新型コロナ飲み薬 有効性確認できず

国際・海外


新型コロナウイルスの飲み薬を開発中のアメリカの製薬会社「アテア」は、臨床試験の途中経過で十分な有効性が確認できなかったと発表した。

「アテア」は19日、スイスの製薬会社「ロシュ」と共同開発中の新型コロナウイルスの飲み薬「AT-527」の第2段階の臨床試験の経過を発表した。

基礎疾患のある患者に対してはウイルス量の減少がみられたものの、基礎疾患がなく、比較的症状が重くない患者については、予想していた有効性が確認できなかったという。この飲み薬について、中外製薬が日本での導入を目指している。

新型コロナの飲み薬については、競合相手であるアメリカ製薬大手「メルク」社がすでにFDA=アメリカ食品医薬品局に、緊急使用許可を申請申請しているため、大きく後れを取った形となった。

(FNNプライムオンライン10月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース