「居酒屋」は売り上げ80%減 9月の外食売上高 前年同月比8.2%減

経済・ビジネス 暮らし


日本フードサービス協会が発表した9月の外食産業の売上高は、2020年の同じ月と比べて、8.2%減少した。

緊急事態宣言の延長などで9月の居酒屋やパブの売上げが非常に厳しい結果となった。

業種別では、ファストフードは(前年同月比売上高)5.3%増えたが、ファミリーレストランは、24.6%居酒屋やパブは、80.4%それぞれ減った。

緊急事態宣言やまん延防止措置が延長され、営業時間の短縮や酒類の提供停止により休業した店舗も多かったことなどから居酒屋やパブの業態ではさらに深刻な状況になった。

(FNNプライムオンライン10月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース