【衆院選・千葉8区】レジ袋「無料化」訴える自民元大臣vs「一強打破」強調の立憲“スーパールーキー” …首相経験者2人も応援

政治・外交

10月31日投開票となる衆院選。千葉8区に注目した。

レジ袋「無料化」を訴える元大臣には菅前首相

千葉県柏市の大部分と我孫子市が区域の千葉8区。

「8選」を目指すのは地元出身の自民党・桜田義孝候補(71)だ。


額に汗を光らせた桜田氏は、熱く自らの実績を強調した。

自民党・桜田義孝候補(71):
来年4月1日から、不妊治療に保険がききますからね。これは私が一生懸命やってきた結果です!


桜田氏は、2018年オリンピック担当大臣として初入閣。しかし、相次ぐ失言で辞任に追い込まれた。


そして、今回の選挙で桜田氏が訴え、注目を集めているのが「レジ袋の問題」だ。

自民党・桜田義孝候補(71):
私はレジ袋、無料化にすべきだと思う。それをわざわざ有料化して、何のメリットがあるのかなと思いますね。


小泉前環境大臣が進めた「レジ袋の有料化」に異を唱えたのだ。

自民党・片山さつき参院議員:
ポリ袋にお金がいるのはどうかと。進次郎君にも言えちゃうのが桜田義孝。


しかし、対する野党は、この選挙区で初めて候補者を一本化。桜田氏は危機感を強めている。

自民党・桜田義孝候補(71):
今までやってきた選挙で一番厳しい選挙だと思います。私たちこそが本当に国民に責任を持つ政権政党であると。


そんな桜田氏の応援に菅前総理が駆けつけた。先にマイクを持ったのは桜田氏。

自民党・桜田義孝候補(71):
菅前総理の挨拶が先で、私が後だとみんないなくなっちゃうと困るから。


自民党・菅義偉前首相:
私と当選同期で「桜田」「菅」の仲であります。桜田義孝をなんとしても勝たせてください!


“一強政治打破”強調の新人には野田元首相

桜田氏に挑むのが、立憲民主党の新人・本庄知史候補(47)だ。


本庄氏は、あえて選挙区の一番端である、千葉県我孫子氏布佐で第一声を上げた。

立憲民主党・本庄知史候補(47):
選挙区の中でも声が届きにくいところ、政治の手が届きにくいところ、そういったところの声こそしっかりと聞かなければならない。


本庄氏の出陣式にも野田元総理が応援に入った。


立憲民主党・野田佳彦元首相:
即戦力のスーパールーキーが本庄候補でございます!


京都の出身ながら、党の公募で千葉から出馬した本庄氏。19年に渡り岡田克也元副総理の秘書を務めた。


岡田氏と野田氏も中心にいた民主党政権に未だ厳しい目線が注がれる中、その応援を受けて戦う本庄氏。“自民党一強政治”の打破を訴えた。


立憲民主党・本庄知史候補(47):
安倍政権そして菅政権の9年間、政策は常に選挙のための道具。「3本の矢」「新3本の矢」「女性活躍」「1億総活躍」言葉だけ、看板だけ。そろそろ国民のため、日本の未来のための政策の議論を真面目にやろうじゃありませんか。


ところで、本庄氏は、桜田氏が疑問を投げかけた「レジ袋の有料化」についてどう考えているのか?聞いてみた。

立憲民主党・本庄知史候補(47):
プラスチックゴミの削減という大きな目的、そのための手段として有料化を選択されていると理解しているので、今の方向性で私は良いのだろうと思います。


真っ向から対立する両氏。10月31日に笑うのはどちらになるのだろうか。

この選挙区には、無所属で新人の宮岡進一郎氏も立候補している。


(「イット!」10月27日放送より)

(FNNプライムオンライン10月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 自民党 国会 選挙 衆議院