坪井直さん死去 96歳 最後まで核廃絶訴え

社会


長年、被爆者援護の活動に取り組んできた、広島県原爆被害者団体協議会の坪井直理事長が10月24日、亡くなったことがわかった。
96歳だった。

坪井さんは、20歳の時に被爆し、瀕死(ひんし)の重傷を負った。

原爆の影響で、がんも患い、何度も生死の境をさまよいながらも、最後まで被爆者の代表として、核廃絶の最前線に立ち続けた。

広島県被団協によると、坪井さんは、貧血による不整脈で10月24日、入院先の病院で亡くなったという。

(FNNプライムオンライン10月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース