秋の京都で寺院を貸切、神戸で海外気分…コロナ禍のプラン続々 航空や鉄道の“再開”で観光業復活に追い風

経済・ビジネス 旅と暮らし

平日にもかかわらず賑わっていた都内の旅行代理店。

JTB トラベルゲート有楽町・山田晴子さん:
今までは遠方の旅行を控えるお客さまが多かったのですが、九州や沖縄などの相談も増えてきました。緊急事態宣言が明ける前の9月と比較して、予約が約2倍に増えております


東京都では10月28日、新たに21人の感染を確認。都は警戒レベルを最も低い「緑」に初めて引き下げた。また、全国の新規感染者は274人となっている。


沖縄方面へ臨時便、高速の休日割引も

こうした中、航空や鉄道業界にも動きが出ている。日本航空は11月、羽田-那覇など人気の高い路線を中心に145の臨時便を予定。全日空も沖縄方面への臨時便を予定している。


JR東日本は、11月8日から新幹線「はやぶさ」(東京-新青森)と「こまち」(東京-秋田)の一部について、予定していた減便を取りやめ通常運行に。


高速道路も11月3日から、約半年ぶりに休日割引を再開。ETCを搭載した普通車などの料金が3割引となる。


観光地も徐々に賑わいを取り戻している

東京から車で約1時間半、山梨県の河口湖の遊覧船の運営者からは、早くも期待の声があがっている。

遊覧モーターボート in河口湖おおや号・中村尚弘代表:
宣言が解除されてから、この辺は結構活気づいている。11月になると紅葉まつりも始まるので、大いに期待しています


10月28日は平日にもかかわらず、周辺の駐車場には大宮や八王子など、地元以外のナンバーの車が多く見られた。


明るい兆しは、宿泊施設でも…。

ヴィラリゾート夢富士・長田晃支配人:
土曜日は満室に近い状態になりました。お客さまの移動に影響するので、高速料金の割引サービスは本当にありがたい


また、雄大な富士山が望める11月6日オープンのグランピング施設「The Villa Glamping」も予約で埋まりつつあるという。


コロナ禍でも楽しめる 京都・神戸の旅

また古都・京都からは、コロナ禍ならではの宿泊プランが登場。

京都ブライトンホテル 京阪マーケティング部・小田嶋麗さん:
密を避けて貸し切りでお寺を楽しめる「秋の特別拝観プラン」をスタートいたします

高台寺や詩仙堂など、紅葉の名所を朝の開門前に貸切で拝観できるという。


一方、東京観光も11月からお得になる。

東京メトロと都営地下鉄は、地下鉄が24時間乗り放題の乗車券と、東京スカイツリーもしくは東京タワーの入場券がセットになったチケットを11月1日から発売。最大で1000円割引となる。


そして、神戸市では「日本にいながら海外旅行」をテーマにしたキャンペーンを展開。


異国情緒あふれる神戸の街を観光し、海外を感じさせる写真をSNSに投稿すると、抽選でホテルの宿泊券などをプレゼント。

神戸観光局 観光部・山崎敬永さん:
今後、新幹線の増便や高速道路の休日割が再開されると、遠方からの観光客がまた戻ってくると思うので大変期待をしている


第一生命経済研究所 首席エコノミストの永濱利廣氏によると、交通機関の再開による経済効果は年間1兆円ほど。Go Toの再開も待たれる。

(「めざましテレビ」10月29日放送分より)

(FNNプライムオンライン10月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース