首里城火災から2年 再発防止に向け 消火訓練


沖縄県の首里城の火災から2年となった31日、再発防止に向けた消火訓練が実施された。

2019年の10月31日未明に起きた首里城の火災では、木造の正殿など、6つの建造物が全焼した。

31日の訓練では、隊員たちが階段や坂道を駆け上がりながら、ホースを何本もつなげて伸ばし、次々と放水した。

那覇市消防局・島袋弘樹局長「首里城を中心に、首里地域の安全に寄与する。それが那覇市消防局の今後の大きな課題であり、向かわなければならない」

城郭内では、2022年度の正殿着工に向けて、木材倉庫や建屋などが整備される予定。

(FNNプライムオンライン10月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース