「やばい、ドア開けて」無表情で追ってくる刃物男 そして爆発音…乗客語る凶行の瞬間 京王線車内切りつけ

社会

「今になって体が震えてきた」乗客が語る緊迫の車内

事件直後、容疑者をとらえた映像です。

黒っぽいコートに鮮やかな緑色のシャツ、ブルーのスーツにネクタイ姿。革靴を履き、車内の席で足を組んでいます。顎マスクで、左手でタバコを吹かし、右手には刃物が握られているようにも見えます。脇には逃げた乗客のものなのでしょうか、黒っぽいバッグ。


短髪にメガネ姿のこの男。

電車内で刃物で切りつけて火を付けた事件で、殺人未遂の現行犯で逮捕された服部恭太容疑者(24)です。

戦慄が走った京王線の電車内。めざまし8では、乗客らがとらえた映像と証言から、その時、車内で何が起きていたのか検証しました。

10月31日午後8時前、新宿に向かう特急電車。

乗客によれば、調布駅を出発した直後に事件は起きたといいます。男が刃物で乗客に切りつけ、液体をまいて火を付けたのです。

逮捕された服部容疑者は、こう供述。

服部容疑者:(警察への供述)
人を殺して死刑になりたかった。2人以上殺せば死刑になると思った。小田急の事件を参考にした

視聴者撮影
視聴者撮影

17人がケガをし、うち刺された70代の男性が意識不明の重体となっています。

同じ電車に乗り合わせ、動画を撮影した男性や乗客は突然の出来事をこう振り返ります。

動画撮影者:
最初、後ろから人が逃げてきて、なんだなんだって感じで、自分もカメラを回しながら前の方の車両に出て。ピーピー言っているのがSOSボタンを押されたボタンの音だと思うんですけど、「逃げろ逃げろ」って感じで突然みんなが走り出して 状況も分からないまま「走れ走れ」と「逃げろ逃げろ」って感じで慌てている間に、ボンっていう音とともにオレンジ色の炎と黒煙が。なんか消火器がどうとかって話も聞こえたりしました。とにかく怖かったです。何が起きたのかって何も分からなくて、みんなが逃げているから逃げているっていう感じでしたね

撮影:木村俊介さん
撮影:木村俊介さん

動画撮影者:
横にいたさっき女性の人が、「ガソリンみたいなのかけられました」っていうこと言ってまして。ガソリンか何かを肩にかけられた人がさっきいて、確かにあの煙の臭いがガソリンが燃えたような匂いだったのかなっていう感じで。ガソリンが燃えるような炎だったのかなっていう感じがしました

撮影:木村俊介さん
撮影:木村俊介さん

乗客:
はじまりが急すぎたので、今も人から質問されて思い出す感じなので、今になって体が震えてきたかなとか。とりあえず「逃げろ」っていうのと、後ろの方で怒鳴り声とかあったから、みんなが一斉に立ったみたいな感じで、とりあえず、車両、車両って逃げて行くんですけど、人が多いので
 

――逃げるときに捻挫した?

乗客:
窓から人を出すときに捻挫したのかなと。花火やったみたいな感じなのかな?ガソリンがどうのこうのって、誰かが

――においとかって?

乗客:
しました。ちょっと嫌な臭い

――薬品ぽい臭い?

乗客:
そうですね、薬品のような、なんか

乗客:
扉から避難して犯人がいる車両を横目で見ながら、その先の車両が煙で充満してるというのを見ました。ガソリンみたいな、油みたいな、そういう臭いがしました。いつでもこういう事件が起こるんだなっていうことには、ほんとに怖いなって思いました

乗客が口々に語る恐怖。

車内で服部容疑者とみられる男が、警察に取り押さえられる様子もカメラにおさめられていました。


乗客:
たばこを吸い終わった後の煙みたいなので、手を下ろしてるのは見たので、前の方が「たばこを吸うな」とか、そういうとこからはじまったのかな

――犯人は一緒の車両に乗っていた?

乗客:
避難してこられて方につづいて、同じ車両に来た。

――追いかけてきた?

乗客:
そういうことです。

――すぐ異変に気付いた?

乗客:
刃物を持ってたので

――どれくらいの長さか覚えてる?

乗客:
30cm以上あったと思います

――その後、誰かが刺された様子はあった?

乗客:
わからない

次々逃げる人が増えていく…車両の奥は”すし詰め”に

映像が撮影されたのは、10月31日午後8時ごろからでした。

映像には、「押さないでください、押さない、押さない」といった逃げる人の声や、緊迫した場面が映っていまいました。

撮影:木村俊介さん
撮影:木村俊介さん

奥の車両から次々と人が流れ込んでいきます。床には傘や乗客の荷物でしょうか、物が散乱しているのが見てとれます。車両の奥は、避難してきた多くの乗客たちで、すし詰めのような状態に。さらに、その後も次々と乗客が逃げてくるのがわかります。

画面奥の車両から逃げてくる乗客たちの先では…

乗客の声:
えー、燃えてる、燃えてる!降りれる、降りれる

撮影:木村俊介さん
撮影:木村俊介さん

車内には、煙が充満し始めていきます。このときも電車は走行中。そして、乗客が逃げる中、爆発音が…

乗客の声:
やばい、やばい!はよドア開け、落ち着いて

爆発のその瞬間、1人の男性が近くにいたことがわかります。

乗客の声:
前いこ、前いきましょ。早く逃げろよ、火事、火事

本来、特急電車が止まらない国領駅に緊急停車。別の車両に移動した乗客が、事態を飲み込めていない他の乗客に声をかける様子も。

撮影:木村俊介さん
撮影:木村俊介さん

乗客は、車両の窓を開け、ホームに逃げ出しました。先にホームに脱出した乗客が、中にいる乗客を手助けする様子も…

電車内の映像を確認すると、ドアは開いていません。

撮影:木村俊介さん
撮影:木村俊介さん

さらに、外から撮影された映像ではホームドアも閉じたまま。突如、電車内という“動く密室”で起きた事件。

容疑者と同車両に乗り合わせた男性:
調布出てすぐだったと思います。調布の駅を出たのは覚えているんですよ。何も無かったのが、それからしばらくしたときに、電車の中ではあり得ない足音って言うんですか、なんかバタバタみたいな。騒いでる奴いるんだなと思っていたら、人がなんかそういう風にというのがあったので、逃げてる人と一緒に発されたんじゃないかなと思って。で、女の赤ちゃん担いでる人がバアッて逃げてるの見た時に、おふざけではないんだなとわかったので…

停車駅の調布駅を出発して、すぐに車内の異変を感じたといいます。


乗客:
まず車両に変なやつがいて、まず逃げようって話になって、前方の車両にどんどんと大人数になって。それが20人くらいが30人、40人になって。前の方が「たばこを吸うな」とか、そういうとこからはじまったのかな。「包丁持ってるから逃げろ」っていうところで、みんなのスイッチが入ったので、

――誰かがそう言った?

乗客:
そうです。

――叫び声?

乗客:
怒鳴り声ですね。

――文言とか覚えていれば…

乗客:
ちょっと、声が聞こえたくらいで。逃げる最中でしたので

――男の怒鳴り声?

乗客:
そうです、男の怒鳴り声ですね

同じ車両に乗っていた乗客によると、包丁を持つ服部容疑者が車内にいて、混乱状態になったといいます。

さらに、服部容疑者は怒鳴り声をあげていたといいます。

――異変に気がついた時の状況は?

乗客:
座って携帯を見ていたりしたら人が動き始めたので、最初はただ車両を移動しているだけだと思ったのですけども。たくさんの人が次々来たので、あまりにもたくさん来たので、聞いてみたんです、「どうしたんですか?」って言ったら、ちょっとやばい人がいる、危ない人がいる、変な人がいるってなって、ちょっとそれは離れた方がいいなと思って

――悲鳴とかは?

乗客:
悲鳴とかはないです。みんな訳がわからない。ちょっと車両が離れていたんですけど、みんなわかんない人が大半で、その中に「やばい人がいる」って言っている人が何人か混じっている

――逃げる時の状況は?

乗客:
1両目にわーっと人が向かった感じで、1両目にたくさん人が溜まった感じで。止めてって感じで運転席の窓をたたく人もいたんですけど、そして国領で止まって止まったところがホームドアと合っていなくて、窓開けてって言った方がいて、みんなドアが開くの待っていたんですけど、待ちきれずに窓から出た方がいました

“ハロウィーンのいたずら?”…次々に逃げる姿に「これはやばい」

視聴者撮影
視聴者撮影

警察官が集まってきて、その電車の中には男が…

警察官:
(身柄)確保、確保

警察に囲まれる一人の男。髪を金髪に染め、黒っぽい服をきています。

暴れるなどの様子はなく、落ち着いているようにみえます。

視聴者撮影
視聴者撮影

容疑者の男を見た人:
もうやった後かもしれないですけど、本当にゆっくり近づいてくるような感じでした

――着ているものの特徴は?

容疑者の男を見た人:
髪が短髪の金髪っぽい感じで、めがねをしてて、コートを着て緑色のシャツを着ていましたね

――その男が歩いてきてどう感じた?

容疑者の男を見た人:
なんだろうと思って、状況の整理がつかなかったですね。きょうはちょうどハロウィンだったので、なんかのいたずらだと最初思ったんですけど、みんなが本当に慌ただしく逃げていて、これはやばいなって思って

――煙などは見たか?

容疑者の男を見た人:
煙は直接見た訳ではないんですけど、煙っぽい感じは奥のほうでしました。マスクしていたので、あまり臭いとかは感じなかったです

――犯人が歩いてくるときなにか持っていたか?

容疑者の男を見た人:
おっきいナイフ持っていました。血がついていたような

――ナイフの大きさは?

容疑者の男を見た人:
30、40cmくらい

――逃げたきっかけは?

別の乗客:
ペットボトル出したところで、「今しかない」と思って逃げました。

――犯人は一緒の車両に乗っていた?

別の乗客:
避難してこられて方につづいて、同じ車両に来た。

――追いかけてきた?

別の乗客:
そういうことです

――すぐ異変に気付いた?

別の乗客:
刃物を持ってたので

――どれくらいの長さか覚えてる?

別の乗客:
30cm以上あったと思います。

――無言で追いかけてきた?

別の乗客:
はい

――逃げなくてはと思った理由は?

別の乗客:
刃物をちらつかせる様な状況でいたので、いつ刺されてもおかしくないなと思いました

視聴者撮影
視聴者撮影

容疑者の男は、電車内をうろつき、長さ30センチ以上とみられる刃物を手にしていたといいます。

――どういう状況で火を放った?

乗客:
よくわからないです。

――ペットボトルの容器に入っていた?

乗客:
(うなずく)

――どれくらいの大きさのペットボトル?

乗客:
500mLくらい

――1本だけ?

乗客:
私が見たのは1本だけ

――どこから取り出した?

乗客:
よくわからないです。

――見たのはまいてるところ?

乗客:
気がついたときにまいていた

撮影:木村俊介さん
撮影:木村俊介さん

ペットボトルのようなものから液体をまき、火をつけ、車両には炎が。

――犯人の表情は?

乗客:
無表情な感じ

――特に何か声を発したりとかは?

乗客:
声を発したり抵抗っていうのは全然なかったです。

――逮捕されている瞬間は見ていた?

乗客:
瞬間見てました。

――どんな様子だったんですか?

乗客:
電車の中だったんで詳しくは見えなかったんですけど、床に伏せてやっていたのかなっていうのが見えました

無表情で、確保されたときも、抵抗する素振りをみせなかったという服部容疑者。

誰もが利用する電車内という密室で起きた事件。

なぜ、このような無差別ともいえる乗客を狙う犯行が行われたのでしょうか?詳しい動機や供述は、まだ明らかになっていません。

(「めざまし8」11月1日放送より)

(FNNプライムオンライン11月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース