「ジョーカーに憧れ。殺せなくて悔しい」京王線 刃物男の新供述 犯行前に渋谷をウロウロ…特急を狙った理由は?

社会

ハロウィーンの夜、突如乗客を恐怖に陥れた凶行。
「電車内に人がたくさんいるハロウィーンの日を狙った」


11月1日、新たな容疑者の供述が明らかになってきた。

緊迫の車内「逃げろ!」 鳴り響く警報音と悲鳴

事件が起きたのは10月31日午後8時ごろ、東京・調布市内を走る京王線の電車内で、男が刃物で乗客を切りつけ液体をまいて火をつけた。


電車内で逃げる人:
危ない!危ない!

電車内で逃げる人:
押さない!押さない!

電車内で逃げる人:
早く早く!前、前!


奥の車両から乗客が次々と走って逃げ出してくる。緊迫する車内には乗客の悲鳴とともに警報音が鳴り響き、奥では火が上がっている。


電車内で逃げる人:
燃えてる!燃えてる!

電車内で逃げる人:
降りられる!降りられる!

電車内で逃げる人:
止めろ!止めて!


さらに、乗客のすぐ近くで爆発も。


同じ車両に乗り合わせ、動画を撮影した人は…

同車両に乗り合わせた人:
短い刃物を持っているやつがいるぞみたいな感じで、多くの人が来て「逃げろ!危ないぞ!」とか言っている間に、ボン!という音とともに炎と煙が見えて。その間も電車は走ってたんですけど国領駅に緊急停車して、みんな車両の窓から逃げろ!逃げろ!と飛び降りて。


警察に取り押さえられ無表情…凶器を見た乗客も

乗客らは慌てふためき、車両の窓から次々とホームに避難していく。


その時、車内のドアが開いておらず、ホーム側から撮影された映像でも、ホームドアが閉じたままなのがわかる。


逃げ道となるはずの電車のドアが開かなかったことについて、京王電鉄は「国領駅に着く直前に乗客が非常用のドアコックを使用したため、電車が所定の停止位置より2~3メートル手前で停車した」と説明。

これによりホームドアの位置とずれてしまったため、電車のドアを開けられなかったとしている。


事件直後の容疑者をとらえた映像には、金髪で紫のスーツに派手な緑色のシャツをまとい、あごマスクでタバコをふかす姿が。足を組んで座り、右手には刃物を握っているように見える。

殺人未遂で現行犯逮捕された、職業不詳の服部恭太容疑者(24)。


乗客が撮影した映像には、服部容疑者が車内で警察官に取り押さえられる瞬間も収められていた。

身柄を確保された服部容疑者は無表情。抵抗する様子はなく、落ち着き払っているように見える。


服部容疑者と同じ車両に居合わせた乗客は、犯行に使われたとみられる凶器を目にしていた。

乗客:
大きいナイフを持っていました。血がついていたような。

――ナイフの大きさは?

乗客:

このくらいの…30~40㎝くらい。


さらに別の乗客は…

――液体はペットボトルに入っていた?

乗客:

私が見たのは1本だけ。気がついたときには(液体を)まいていた。

――犯人の表情は?

乗客:

無表情な感じ。


犯行動機については「仕事で失敗し友人関係もうまくいかなくなり死にたいと思ったが、自分では死ねず死刑になりたかった」と述べた服部容疑者。


電車という動く密室を狙った理由も徐々に明らかになった。

「ジョーカーに憧れて」なぜ特急を狙ったのか


服部容疑者は事件から約3時間前の午後5時ごろ、京王八王子駅を出発し渋谷駅へ向かったという。

渋谷へ向かった理由を「ハロウィーンの様子を見たかった。渋谷では30分くらいウロウロした」と話している。


午後6時過ぎ、渋谷センター街に設置された防犯カメラの映像には、多くの人が行き交う中、服部容疑者とみられる男がセンター街を歩く様子をとらえていた。

その後、渋谷駅から調布駅に移動し下車。そして、調布駅を午後7時54分発の新宿行きの特急電車に乗り換え、犯行に及んだ。


服部容疑者は、上り特急電車を狙った理由を次のように話している。

服部恭太容疑者:
新宿行き上り電車の方が人が多いと思って乗り換えた。犯行は電車内と決めていた。特急は走行時間が長いから乗った。小田急線の事件を参考にした。電車に人がたくさんいるハロウィーンの日を狙った。


犯行が起きたのは、新宿へ向かう上りの特急列車の車内。調布駅を出発すると次に止まるのは明大前駅となり、走行時間は約10分となる。


事件後に服部容疑者を見たという人は、その服装に違和感を持っていた。

容疑者を見た乗客:
紺のスーツを着ていてワイシャツか緑色のを着ていた。普通着ないじゃないですか。

服部容疑者は「バットマンの登場人物のジョーカーは平気で人をやっつけていて、それに憧れていた。この日のためにジョーカーの服を買った。殺せなくて悔しい」との趣旨を話しているという。


その後の調べで服部容疑者は、ここ1カ月ほど八王子市内のホテルに宿泊していたことが判明。普段から渋谷に出ていたことから、犯行があった路線には「乗り慣れていた」と話していることがわかった。


今回の事件で男女17人が負傷し、うち刺された72歳の男性は意識不明の重体となっている。


現場からは、服部容疑者のものとみられるライターや液体が入ったペットボトルなどが見つかっており、警視庁は計画的な犯行とみて服部容疑者を厳しく追及し調べている。

(「イット!」11月1日放送分より)

(FNNプライムオンライン11月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース