司法試験不合格 小室圭さん試練 来年2月に絶対合格の現地事情

社会


10月26日に結婚し、新生活を始めた小室眞子さん・圭さん夫妻。

日本時間の10月29日、アメリカ・ニューヨーク州の司法試験委員会が、合格者の一覧をウェブサイトで発表した。

しかし、その中に、小室圭さんの名前はなかった。

今回のニューヨーク州の司法試験は、7月にオンライン形式で行われ、受験者数は9,227人。

全体の合格率は63%で、初めて受験した人の合格率は、78%だった。

ニューヨーク州の弁護士資格を持つリッキー徳永さんは、今回、小室さんの不合格の原因について、次のように分析する。

ニューヨーク州弁護士・リッキー徳永氏「1つはもちろん、英語力は結構ネックになるかもしれない。ましてや日本の大学で、法学部ではない学部で勉強していて、いきなりアメリカに留学して、英語力プラス、基本的なアメリカ法の知識が3年間でそこまで達するかというと、結構そこはハードル高い」

実際、日本人をはじめとした留学生の合格率は、50%を切るという。

小室さんは、現地の大手法律事務所でアシスタントとして勤務していて、2022年2月に行われる次の試験に再び挑戦するという。

合格すれば、肩書が弁護士に変わり、年収2,000万円ほどの収入を得るといわれていたが、現地の弁護士事情では、資格を取れなかった場合の年収は、600万円程度だという。

そして、小室さんは2022年2月の試験は、働きながら再チャレンジすることになる。

収入面だけではなく、勉強時間をどう確保するのかも大きな課題に。

ニューヨーク州弁護士資格を持つ国際弁護士・樋口一磨氏「アメリカでもあるし、ドライな点もあるから、可能性として、『(司法試験に)受からない人はもうやめていただいて結構です』と言われる可能性もゼロではないと思う」

樋口さんによると、小室さんは、大学卒業後も1年間はアメリカに滞在して働くことができるが、それも2022年5月まで。

その後は、就労ビザを取得しなければならないため、2022年2月の試験には合格する必要があるという。

ニューヨーク州弁護士資格を持つ国際弁護士・樋口一磨氏「もう是が非でも2月に受からないと、事務所との関係も気まずいですし、生活費も苦しいでしょうし、ビザの問題も出てきますので、2月の合格は、是が非でもということになる」

(FNNプライムオンライン11月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース