逮捕の男 1カ月前から八王子市内のホテルに 京王線刺傷事件

社会


京王線で乗客が刺された事件で逮捕された24歳の男が、1カ月前から東京・八王子市内のホテルに寝泊まりしていたことが新たにわかった。

服部恭太容疑者は10月31日夜、調布市内を走る京王線の電車内で乗客を切りつけたあと、放火し、17人がけがをしている。

その後の調べて、服部容疑者がおよそ1カ月前から、八王子市内のホテルで生活をしていたことが新たにわかった。

また、服部容疑者は、渋谷駅でハロウィーンの様子を見たあと、電車を乗り継ぎ犯行に及んだことがわかっているが、普段から渋谷に遊びに来ていて、犯行を行った区間について「乗り慣れていた」と話しているという。

警視庁は、ホテル生活を送っていた経緯などをくわしく調べている。

(FNNプライムオンライン11月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース