アメリカで5歳から11歳に接種開始 ファイザー製ワクチン

国際・海外


アメリカで5歳から11歳の子どもへの新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。

子ども「(痛かった?)痛くないよ」

アメリカ・コネティカット州の病院では、2日夜、5歳から11歳の子どもに対して、ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。

これに先立ち、CDC(疾病対策センター)が諮問委員会の勧告を受け、「コロナとの闘いでまた重要な一歩だ」と接種を推奨する声明を発表した。

接種対象となる子どもは、およそ2,800万人になるという。

ファイザーは、日本でも接種の対象年齢を5歳以上に広げられるよう、政府と協議している。

(FNNプライムオンライン11月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース