【独自】乗客刺したあと車内歩く姿 血がついたナイフを手に 京王線車内で切りつけ

社会


東京・調布市を走行中の京王線の車内で乗客17人が重軽傷を負った事件で、乗客を襲撃し逮捕された男が、乗客を刺した直後に、車内をゆっくり歩いて移動する様子をとらえた動画を入手した。

走行中の京王線の車内。
異様な気配に気がついた乗客が、あわてた様子で隣の車両に逃げ込んだ。

その理由は、リュックサックを背負って電車の進行方向に向かって歩く、服部恭太容疑者(24)から逃れるため。

ゆっくりと歩く服部容疑者。
目撃者によると、手には血がついたナイフが握られていたという。

膨らんだリュックサックには、放火に使ったオイルなどが入っているとみられ、その先には乗客の姿が確認できる。

乗客が緊急停止ボタンを押そうとしている時、特急電車は、調布駅の1つ隣の布田駅のホームに差しかかっていた。

このあと、服部容疑者は、車内にオイルをまいて火をつけ、電車は隣の国領駅で緊急停車した。

(FNNプライムオンライン11月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース