東京湾アクアラインが大混雑!なぜいま千葉が人気?海ほたるPAで聞いた目的地トップ5

話題・トレンド 旅と暮らし

神奈川県と千葉県を結ぶ「東京湾アクアライン」でいま異変が起きているという。
めざましテレビ「ココ調」は、なぜ「いま千葉が人気」なのかを調査する。

コロナ禍でもアクアラインの交通量は増

小山内鈴奈アナウンサー:
海ほたるまで70分と書いてあります


千葉県へ向かうアクアラインは大混雑していた。

NEXCO東日本 東京アクアライン管理事務所・吉永識未管理担当課長:
コロナ禍前と比べると、全国平均ではやや下がっているが、アクアラインは逆に少し増えている


コロナ禍で全国の高速道路の交通量は、2年前と比べ91%に減少。ところがアクアラインは103%とむしろ増えているという。


神奈川県在住・女性:
旅行に行くなら千葉、大好きです

東京都在住・女性: 
千葉好きです。なんなら住みたいくらい

10月30日の午前10時、お台場のフジテレビを出発して千葉を目指す。

小山内鈴奈アナウンサー:
では早速、お台場フジテレビから千葉へ向けて、行ってきます


途中で通る「東京湾アクアライン」は、神奈川県川崎市と千葉県木更津市を結ぶ、全長15.1キロの有料道路。


出発して15分。アクアラインに向かう首都高速)湾岸線で渋滞が発生。アクアラインに入ってもノロノロ運転が続く。


お台場を出発してから1時間15分。「海ほたるパーキングエリア」に到着。空いていれば30分程度でつく道のりが、この日は倍以上かかった。


東京湾に浮かぶ「海ほたる」は、360度のオーシャンビューが広がる人気スポット。


海ほたるの駐車場を定点カメラで見てみると、午前9時ごろから車が続々と入ってきて、昼すぎには満車状態になった。


では、みなさんはどこから来たのだろうか?

埼玉県在住の家族:
埼玉県春日部市。栃木とかしか行ったことがなかったんで、この子たちに海を見させてあげたいということで千葉

神奈川県在住・男性:
川崎から来ました。感染者も落ち着いてきて、そろそろ外に出てもいいんじゃないかなと


みなさんが千葉に行く前に立ち寄る「海ほたる」。そこに11月登場したのが、Bay Brand房の駅「ピーナツスムージー」418円(今月限定)。


千葉県名産のピーナツをペーストにして、牛乳とシロップを加えた期間限定商品。

小山内鈴奈アナウンサー:
ピーナツだ!つぶつぶの食感も残っていますし、ピーナツをそのまま食べているような濃厚な味わいです


Bay Brand房の駅・石毛 力駅長:
10月に緊急事態宣言が明けてからの方が、体感で1.5倍くらいお客様の数は多くなってきております


千葉の目的地人気TOP5

海ほたるで聞いた、千葉のどこへ行くのか?目的地トップ5をご紹介。

第5位は、ダイナミックなシャチのパフォーマンスが楽しめる「鴨川シーワールド」。


東京都在住・男性:
千葉の鋸山っていうところに。そこに地獄のぞきっていうところがあって

第4位は、鋸南町と富津市にまたがる「鋸山」。


落差100メートルある断崖絶壁の展望台、「地獄のぞき」はまさにスリル満点だ。


第3位は、「東京ドイツ村」。
花と緑に囲まれた人気テーマパークで、今はコロナ禍前の約8割までお客さんが戻ってきているという。


都心では味わえない海鮮も人気

2位の発表の前に、2021年7月にオープンした海鮮浜焼きのお店「和新」。


エビやサザエなど新鮮な魚介を自分で焼いて味わえる「浜焼き」は、海に囲まれた千葉の名物グルメ。


埼玉県在住・女性:
浜焼きを食べに来ました。海鮮食べたいなと思って

東京都在住・男性:
東京じゃ食べられないですね、来てよかったです

名物はこれだけではない。

小山内鈴奈アナウンサー:
え~なにこれ~!具材がはみ出しちゃってる


ドンブリからはみ出すほどの大ボリューム。大きなアナゴやエビなどがのった、特上天丼1680円。


小山内鈴奈アナウンサー:
おいしいです。衣がサクサクしてますアナゴも食べ応えがあってぷりっぷり


都心から1時間ほどで、こうしたグルメが味わえるのも千葉に訪れる人が増える理由のひとつ。

海鮮浜焼き 和新・竹未和弘店長:
8割方、県外のお客様ですね。ちょっとずつお客様が戻ってきているんで、これから頑張ろうと思っております


さらに、千葉の人気ご当地グルメと言えば、たっぷりのラー油を使った真っ赤なスープが特徴の「勝浦タンタンメン」。


勝浦タンタンメンを扱うお店は、市内に32店舗。


中でも「元祖勝浦式坦々麺 江ざわ」は、勝浦タンタンメン発祥の店と言われており、2時間待ちは当たり前。


日曜日、お店の駐車場を見ても、高知や水戸など、ここでしか味わえないグルメを求め多くの県外ナンバーがあった。

東京在住・男性:
東京から来ました。勝浦タンタンメンというブランドを食べたいなと思って

小山内鈴奈アナウンサーも勝浦タンタンメンを初体験。

小山内鈴奈アナウンサー:
辛い!けどうまみも感じられて、ネギと一緒に食べることによって辛みがマイルドになって、これはクセになる


元祖勝浦式坦々麺 江ざわ「坦々麺」880円。


海や山など自然と触れ合える施設が人気

海ほたるで聞いた、千葉の目的地ランキング第2位を発表する。

東京都在住の家族:
乳しぼりが楽しみです。マザー牧場に行きます

第2位は、大人気テーマパークの「マザー牧場」。 
魅力は何といっても、大自然で動物たちと触れ合えること。


そのマザー牧場に2021年6月、新たにグランピング施設「マザー牧場グランピング THE FARM」がオープン。
「牧場で密にならずに過ごせる」となかなか予約がとれないほど人気だという。


コテージに宿泊する、東京から来た家族は、

東京都在住の家族:
ずっと我慢してきましたので 。2年ぶりだよね、コロナが始まって初めての旅行。
都心からアクアラインで1時間半くらいですし、なのに自然豊かだから空気もいい


そして、千葉の目的地、第1位。

東京在住・女性:
海も山も両方あって自然がいっぱい 

第1位は「キャンプ場」。
実は千葉にはグランピングを含むキャンプ場が181箇所もあり、その数は関東一。


2021年4月には廃校をリノベーションしたグランピング施設「高滝湖グランピングリゾート」がオープン。


さらに、8月には温泉ホテルでグランピングができる施設「glam park亀山温泉」まで誕生。


都心から千葉へと向かう人は、今後ますます増えそうである。

(「めざましテレビ」『ココ調』11月3日放送分より)

(FNNプライムオンライン11月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース