「スター候補が育つまでは、僕が1番つけます」日ハム新庄剛志新監督が就任会見【全文】

スポーツ


プロ野球日本ハムの新庄剛志新監督が4日、就任会見を行った。ワインレッドのスーツに大きな襟を立てた白いシャツ、さらにサングラスをかけたド派手なファッションで登場し、抱負を語った。

以下会見全文

新庄剛志新監督:きょうは集まってもらい、ありがとうごさいます、1946年、今から75年前、横沢(三郎)監督第1代目、そこから21人目の栗山(英樹)監督、その次の22代目の監督として選ばれたことが非常にうれしく、また選手兼監督という形で、契約を結んでもらいました。

川村浩二球団社長:いえいえ、監督だけです。

新庄新監督:監督だけ。すみません、監督だけでした、監督らしく、きょうは監督っぽい服装で来ました。これからは、顔を変えずにチームを変えていきたいなと思います。以上です。

ーー北海道にお帰りなさい。

新庄新監督:ただいま。帰ってきました。
 

ーー会見に臨む気持ちは?

新庄新監督:
正直、自分が一番びっくりしてます、僕でいのかなと思う反面、僕しかいないなと。日本ハムも変えていきますし、プロ野球を変えていきたいなという気持ちで帰ってきました。
 

ーーオファーはいつごろ?

新庄新監督:2年前、僕がトライアウトを受けると発言をして、1年間、海外の方でトレーニングをしました。トライアウト前に、日本ハムの球団の方から「新庄さん、お元気ですか? トライアウト頑張ってください。いつかまた会える日を楽しみにしています」って来たんですよ、1通のメールが。

よしよし、選手に戻れると。そのオファーだと思い、トライアウトを受けました。6日間という日にちしか待たないと。6日間来なかったら、もう野球は辞めると。

で、5日目たって、6日目たち、来ない。あら、おかしいじゃないかと。そこで、選手は復帰できなかったんですけど、そこから、あの1通のメールというものは、必ず何かあると、自分で勝手に信じて、1年間12球団2軍の選手のプレーを一生懸命自分で勝手に勉強して、こういう姿っていうものは、必ず誰かがが見てくれてる。それを信じて、10月12日になんと、僕が描いてた監督の話をいただいて、もう自分がやってきたことは間違いじゃなかったんだという、本当にやってきてよかったなという気持ちでしたね。
 

ーー(球団側に)オファーの理由、期待は?

川村球団社長: 先ほどごあいさつで申し上げた通り、まずは勝利をファンに届けていただきたいということと、それからファンサービスを通して、ファンに喜びを届けていただきたいということを申し上げました。

新庄剛志新監督: 優勝なんか、一切目指しません。僕は、優勝、高い目標を持ちすぎると、選手というものはうまくいかないと僕は思ってるんですよ。

1日、1日、地味な練習を積み重ねて、シーズン迎えて、それで、何気ない試合、何気ない1日を過ごして勝ちました。勝った、勝った、勝った、勝った。それで9月あたりに優勝争いをしてたら、さあ優勝目指そう。そこの気合の入り方というものは、違うと思うんで、そういうチームにしていきたいなと、優勝なんかは目指しません。
 

ーー誰かに相談した?

新庄新監督:
相談は、僕はタイプじゃないんで、僕の人生は相談する人なんかいません。相談する人はもう、自分自身なんで、即もう行動に移します。はい、僕自分で決めます。
 

ーー球団への返事は?

新庄新監督:
1秒1秒! お願いします! やります! すぐですよ! 当然でしょ。だって1年間、それを目指してやってきたんですから。
 

ーー一番の決め手は?

新庄新監督:
いやもう、監督になりたい。やっぱり、バリで生活をしてて、日本ハムの調子が上がってない3年間を見た時に、俺の出番だろうという気持ちで過ごしてましたね、はい。
 

ーー監督のイメージ?

新庄新監督:
イメージ的には硬い、真面目な顔をして、腕組んでやってるようなイメージなんですけど、これからは僕が監督像というものを変えていきます。
 

ーー今、思い描いていることを教えてください。

新庄剛志新監督: これから1年目だし、どういうふうになるか、わかんないんですけど、やっていくうちに、僕がやることに対して、全国のみんなが、僕の監督像というものを作ってくれると思うのでそれを期待したいですね、はい。
 

ーーこの会見の前に配られた名刺に「BIG BOSS新庄」とあったが?

新庄新監督:
「監督」ってみなさん呼ばないでください。「ビックボス! ビックボス!」でお願いします。ビックボス! が好きなんですよ。新庄監督とか、僕いらないですね。なんか監督っぽいじゃないですか。ビックボス! でお願いします。選手も。
 

ーービックボスの理由は?

新庄新監督:
インドネシアやバリ島の方で、ビックボスと呼ばれていたので。まあそんな僕の人生って、そんなもんなんですよ。その時その時でコンピューターで、こういうふうにしたいというものに突き進んでいるだけなんで。 小学校3年生がちょっと中学生になったくらいですかね。
 

ーー引退から15年の間の野球との関わりは?

新庄新監督:
まったくないです。引退して野球を見ることは、ほとんどなかったですね。だからある意味、今のプロ野球、若い子が、時代が、時代が、時代がって、なんか時代に逃げている感じはするんですよね。だからある意味、いい意味でも悪い意味でも、16年間向こうにいて、時代をわかっていないので、もう新庄剛志らしく、どんどんどんどん、時代の怖さなんか関係なく突き進んでいけたらいいなと思っています。
 

ーー新庄さんがトライアウトした時から、野球との距離が縮まった?

新庄新監督:
あのトライアウト、もちろん選手にもなりたかったんですけど、最終的な目標というのは、僕ここだったんですよね。野球が大好きで、やっぱり僕は野球が好きなんだな。

まずはとりあえず、話題性というか、本当に真剣に受けに行ったんですよ。でも最終的な目標は、あのトライアウトで、みなさんに注目をしてもらい、ファンを集め、この次の年に監督になれたら、そのファンたちが流れて来てくれたら最高だなという気持ちで、トライアウトは受けました。
 

ーー日本のプロ野球の印象は?

新庄新監督:
そう来たか...。印象はあんまりないですね。コロナという、こういう時代で、ファンが球場の方に足を運べなかったので、ちょっと暗かったような印象はありますね。

でも、僕が帰ってきたからには、コロナはなくなり、球場も満員になりますよ。そういう運命なので、僕は。
 

ーービックボスとして、ファイターズの何を変えていきたい?

新庄新監督:
まずは顔を変えていこうかなと。いいですか?(左隣の畑オーナーに)あの、やっぱり気持ちの面ですね。このプロ野球という世界に入ってくる選手っていうのは一緒なんですよ、レベルは。もう、ほぼほぼ一緒。ただメンタル的な問題であって、そのメンタル的に伸ばせないコーチ・監督がいたと思うんですけど。

僕は、メンタル的なものに関しては、ものすごく引き出す力が自分にあると思うので、メンタル的なものを鍛えながら、チームに、ピッチャー3人・野手4人、このタレントを作り上げていけば楽しいチームになるし、そういうタレントが生まれるっていうことは、全国に名前も背番号も顔も名前も覚えてもらえるので、その時には強くなっていると思うので、そういうチームを作っていきたいと思っているし。

今年、ドラフトで80人弱取ったんですよね? あのすみません。ことし僕が監督になって、全員がドラフトでかかった選手と思っているので、レギュラーなんか1人も決まっていません。新人、2年目、3年目の選手が、キャンプでピャッと伸びたときに、全部若い選手で固めるかもしれないし、開幕選手が誰とかまったく決めていないし、ことし入ったね、ドラフト1位の子が開幕投手で投げているかもしれないし、そういった争いを、どんどんさせたいとは思いますね。
 

ーー (畑オーナーに)新庄新監督は、どんな野球を展開してくれると?

畑オーナー:
私も胸が踊ったり、ドキドキ、ハラハラしていますけれども、まずファンの皆様、多くの皆様が、次も試合を見たい、また次も球場に行ってみたいと思えるような、そういうファイターズにしていただきたいと思ってます。

一挙手一投足から目が離せない、ボスだけではなくて、選手を魅力ある選手をしっかり育成していただきたいなと願ってます。そして、世界がまだ見ぬボールパーク。これが2023年にスタートします。それに向けてのステージと、来シーズンは期待したいと考えてます。
 

ーー稲葉(篤紀)GMと新庄監督の体制にどういう期待を?

川村球団社長:
ほぼ、同世代で、ファイターズで一時代を築かれた2人です。センターとライトで、あうんの呼吸、アイコンタクトで、鉄壁の外野だったということですので、今度は現場の責任者と編成の責任者として、ぜひアイコンタクト、あうんの呼吸で、強いファイターズを復活させていただきたいというふうに期待しております。
 

ーー北海道の様子、生活で楽しみなことは?

新庄新監督:
ふるさといっぱいあるんですけど、その1つが北海道であって、住みやすいし、寒いのは好きな方なので、あとおいしいものもたくさんあるし、これから家の方を探して、いい家が見つかってくれたら、もう最高ですね。
 

ーーSNSでの発信は続ける?

新庄新監督:
それは、球団の方と話し合いをして、僕至らないことをよく上げるから、そのへん、ちょっとルールを作ってもらって、本当は今の時代、SNSっていうのは、ものすごく大事なものだと思うんですよ。だから、できたら試合中にインスタライブとかさせてもらったら最高かなって。そのへんは話し合いを詰めていくので、また報告します。
 

ーー全国民にメッセージを。

新庄新監督: 暴れまっせ、ほんまに! 楽しみにしててください。新しい野球というものを作っていきますので、乞うご期待。あと最後に、僕とあっちゃん、稲葉くんでタッグを組んでいくんですけど、僕たち1年目じゃないですか。この上で、吉村(浩)前GMという人の力っていうのは、ものすごく大事になってくるし。吉村GMがいてくれないと、僕は嫌だし、吉村GMの推薦で、僕はこの場に、この場所にいられるので、これからは、わからないことがあったら、吉村(前)GMに聞いて、相談して、けんかしながら、あっちゃん、稲葉GMと一緒にタッグを組んで、もちろん球団も。あとは、ファンのみんなと一緒に楽しく厳しく、やっていきたいなと思います。
 

ーーファイターズは下位低迷、新庄流の再建方法は?

新庄新監督:
これね、よその球団にね、パクられたくないから言いたくなんだけど、天井から下りたいなとは思うね、しかもオレだけじゃなくて、選手も一緒にね。下りたいなとはちょっとしたことなんだけど、伝えても良いかなと。
 

ーー天井から舞い下りる作戦再び?

新庄新監督:
再び。
 

ーー新庄監督の監督としてのスローガンは?

新庄新監督:
夢はでっかく、根は太く、土台をしっかり作って、夢に向かって突き進んでいきたいなという、今の僕のイメージですね、大丈夫かな。
 

ーー選手として復帰は? 「代打オレ」は?

新庄新監督:
実は、ことし1年野球の勉強しながら、体は作る準備はしてきました。あと1回トライアウト受ける権利があるので、それは今考えてます。

そこで監督の僕が、あの選手いいやん、とったろうかなっていう考えは頭の片隅にあります。あとは球団と話し合います。
 

ーー北海道に来たら、食べたいものは?

新庄新監督:
すみれラーメンに食べに行きたいですね。あとは、僕の好きなマルセイバターも食べたいし、あとは、時計台の味噌コーンバターラーメンも食べたいし、ラーメン系が食べたい。
 

ーー岩本(勉)さんをピッチングコーチにする?

新庄新監督:
ピッチャー監督ね。ぼく目立ちたいんで、僕1人でいいかなという気持ちになって、めちゃくちゃ僕が目立ちます。ガンちゃん、ごめんね。
 

ーー本日のファッションのポイントは?

新庄新監督:
ファッションのポイントというか、僕がもう、新庄剛志自身がファッションなんで、洋服のファッションなんか、あんまり考えてないですね。
 

ーーご自身がファッションである?

新庄新監督:
ですね。
 

ーーけさはどんな気持ち?

新庄新監督:
けさは朝起きて、パン食べて、コーヒーを飲んでから新球場の方に行ったんですよ。

車で新球場たどり着いた時に、僕、鳥肌が立って、ここでプレーできる選手はうらやましいなって。もうね、今までアメリカの球場いろんな球場を見てきたんですけど、これは世界で、話題になる球場になりますね。それを見てきて、ちょっと多少、監督室がちょっと狭かったんですけど、それはこれから、僕がアドバイス、アイデアを出しながら大きくしてもらいたいし、選手のモチベーションも上がるし、ウエイトルームやらサウナルームやら、いろんなもう全部兼ね備えてもらってるんで、これはもう期待できますね。それを見に行ってきました、朝は。
 

ーー会見に臨まれている気持ちは?

新庄新監督:
もう最高でしょ。だって僕が、僕自身が監督になれるなんか思ってもないし、でもなった瞬間、やれると、やってるわと、見とけよっていう気持ちにはなってます。
 

ーービッグボス流のユニホームは何か考えている?

新庄新監督:
ユニホームは、やっぱりそのチームの強さ、オーラを出すんで、個人的には今のユニホームはあんまり好きではないですね。 だったら、あの2006年のユニホームの時の方が、僕はオーラがあったなと。でも、新しいユニホームが、僕の案で変えてくださいっていうオファーは出すし、それを球団の方は、みんなは取り入れてくれると思うんで、それを期待して、皆さんも新しいユニホームを期待してもらったら、うれしいかなと思います。
 

ーー背番号は?

新庄新監督:
背番号は、僕のイメージって言ったら、やっぱり1番じゃないですか? はい、その1番をつけたいっていう気持ちもあるんですけど、やっぱり主役は選手、スター候補を僕が育てて、その子に1番をつけてもらいたいと思っているんで、その子たちが育つまでは、僕が1番つけます。ありがとうございます。まずは僕が着けます。目指します。
 

ーー新庄監督にとって、夢とはどういったものでしょうか?

新庄新監督:
僕ね、夢は5~6個かなえてきているんで、もう飽きちゃいましたね。夢というか、人生、毎日こう楽しいことを見つけて、それを積み重ねて、こうどんどんやってって、夢は僕はかなっていると思うんで、夢はないかなぁ、今は。
 

ーー監督としての夢は?

新庄新監督:
世界一の球団、世界一のチームにしたいですね。それはやっぱり、それこそ夢ではないけど、でっかい目標として置いておきたいですね。そのためには、全国のファンの力っていうのは、ものすごく大事であって、北海道のファン、日本ハムと北海道。なんか北海道の場所が、日本ハムと一緒に生活をしていけたら最高だと僕は思っているので、1人ひとりの笑顔を少しずつ増やしていけたら、うれしいですね。
 

ーー冒頭でプロ野球を変えていきたいとあったが?

新庄新監督:
まずは作戦面。こういう野球でヒットを打たなくても点は取れるんだぞという、作戦面での面白さ。こんなやり方があるんだというのを、僕たちが先に発信して、ほかの球団が真似をされるような、感じには考えていますね。

そのためには、選手が僕の考えをしっかり把握してもらって、ついてきてもらわないことにはできないので、それを早く、選手と会って伝えていきたいなというのは思います。
 

ーー新しいスタイルを作るということ?

新庄新監督:
その考えている時も楽しいし、考えたものを行動に移して、それが成功した時の、うれしさというものは、たまらなくあると思うし、それがプロ野球を変えていく1つの方法ではあると思います。
 

ーー野村監督から継承したいことがあれば?

新庄新監督:
実は、野村監督とは、野球の話をほとんどしたことがないんですよね。野村監督とは、プライベートの話をよくしていたので、洋服...。「おう新庄、どこの洋服がいい?」「ああヴェルサーチいいですよ!」「ヴェルサーチってなんや?」みたいな。そういうたわいもない会話をよくしていたので、でも野村さんのミーティング、野倉さんだけでなく、タイガースの僕が入った時の中村勝広監督と最後に...。

いろんな数々の監督の良い部分は取り入れながら、でもやっぱり僕の個性というか、アイデアを優先して、プラスいろんな監督の良いところ、あとはさっきも言った吉村さんのアイデアを、ミックスさせてやっていきたいと思います。
 

ーービックボス現役時代にファイターズでの名言「これからはメジャーでもないです、セ・リーグでもないです、パ・リーグです!」これは覚えている?

新庄新監督:
覚えていますよ。

ーーこの名言の続きをつくるなら?

新庄新監督:
「これからはセ・リーグでもない、メジャーでもない、パ・リーグでもない、新庄剛志です!」もうこれしか浮かばないです。
 

ーー解説するなら?

新庄新監督:
難しいこと言いますね。名言って僕ね、普通に会話したことが名言になっちゃうので、言おうとして言っていないので、これから、どんどんどんどん出てくると思います。期待しといてください。
 

ーー生活面に関して、道具に関しても、選手に気にする?

新庄新監督:
もちろんです。やっぱり人間性というものは大事であって、「人の悪口を言わない」、「いただきます」、「ありがとうございました」、これを言える選手は育てていきたいですね。

僕は、ちゃらんぽらんにしてますけど、そういう上下関係とかは、タイガース時代から、小さい頃から、本当に親の教育でしっかりしたものを持ってたので、そういうのをずっと続けて、(両隣を手でさして)皆さんに納得してもらって、こういう立場に立たせてもらったので、やっぱり、選手には、日々のプライベートの生活はあとに役立つよっていうのを、本当に教えていきたいなって思うし、プレーは、実はみんなすごいうまいんですよ。あるきっかけをつかんでもらえれば、ドカンっていく期待はしてるので。

あと、人間性というものはなかなか変わらないと思うので、僕は、(森本)稀哲、最初稀哲ね、バッティングコーチが「稀哲、こうやって打てよ」って言ってて、稀哲が「はあ、結局打てばいいんでしょ」みたいな性格だったんですよ。

これじゃあ、だめだと。「おい、稀哲来い」と。プライベートから一緒に住んで、人間性を変えて生活をさせて、そしたらレギュラーを取り、気がついたら1億円プレイヤーになって、今は素晴らしい大人になってると思うので、そういうところを変えていけたらいいかなと思います。
 

ーー稲葉GMにどういう指示を?

新庄新監督:
ほぼほぼの球団は、GMと監督っていう仲は悪いと思うんですよ。でもこの球団は違います。僕はあっちゃんと会った時に、「GM? ううん、あなたはGM兼左バッター専用のバッティングコーチをジャージを着てしてください。僕も監督兼外野守備コーチという気持ちでやるんで、この日本ハムの新しいこのチームは、なんでもトライしていくチームにしていきます。GMでこんなん(ピノキオみたいに)なったら(鼻を)へし折りますよ」
 

ーー選手に最初に告げたいことは?

新庄新監督:
僕ね、選手の顔と名前まったく知らないんですよ。ただ、1年間勉強して、プレーはしっかりインプットしてます。だから、キャンプに行って、顔と名前とプレーの答え合わせをしてって、いいチームを作っていきます。

だからみんな、このラインはみんな一緒。そのためには、キャンプに入るまで、このスタートラインに立った時には、もうほぼほぼ、僕はレギュラーは決まってると思うんですよ。

だから、オフシーズン、自分でいろいろ考えて、体を作って、頭の中をアップデートして、このラインに立って、ここからみんなで楽しく厳しく。厳しくはなると思います、僕がやってきたので。そういう気持ちでオフシーズンを過ごしておいてください、お願いします。

もう飽きてきた。もういいですかね?

ーー目指すべきチーム像は?

新庄新監督:
僕が今まで、17歳から34歳までプロ野球人生を送って、ちょっとほかの選手とは頭の中が違うんですよね、いろんなコーチ、選手先輩たちと話しても、まだそこのレベルっていう、話がよく合わなかったんですよ、だから早く、選手にインプットしてもらって。僕ね、一応自分の考えを本にして、渡そうかなって。本を渡して、新庄剛志っていうモノを早く知ってくれって渡していきます。ちょっと質問と違った? 大丈夫?

(言い忘れがあったか、壇上に再び戻ってきた新庄新監督)
新庄新監督: 言い忘れてました、球団からは、10年契約で結んでほしいって言われたんですけど、僕、1年契約ずつなんで、1年1年を勝負していきたい。複数年契約をすると甘えが出てくるので、いいことは1つもないんですよ。1年1年の勝負、だから来年、こういう場所にいないかもしれないって、それを伝えたかったです。

1年契約、クビになるかもしれないし、また契約を結んでもらえるかもしれません、よろしくお願いいたします。

(FNNプライムオンライン11月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース